« 「対」 | トップページ | 「ささやく夜」 »

「ホメオスタシスの宮殿」

160324_1


160324_2


-- 神栖市東和田 鹿島臨海工業地帯 --

« 「対」 | トップページ | 「ささやく夜」 »

コメント

>>の子さん

お早う御座います☆

そうなんですよ、夜は建物の傷んだ部分なども見えなくなり、生命力・鼓動などなど独特な雰囲気を感じます。
もしかすると何事も見え過ぎは良くないのかも知れない‥なんちゃって w

投稿: M.Hermitage | 2016/03/24 07:16

夜の工場地帯、建物が美しいですね。
昼の顔とは違いますね。
温かみさえ感じます。

投稿: の子 | 2016/03/24 07:03

>>pochikoさん

お早う御座います☆

これだけ大きな工場、稼動を停めると次に動かすのが大変なんでしょうね。
この工場は石油を精製しており、24時間休みなくそして張り巡らせたパイプに液体が流れている様を想像すると、それが血液のようであり生命体のように思えてきました。
そんな内容からタイトルを決めました。

投稿: M.Hermitage | 2016/03/22 06:28

夜の工場地帯…一見無機質のようですけど
ライトがあると、また別物の様で
何かしらが息づいているような気さえしてきます。
不思議な時間帯ってとこでしょうか。

考えてみれば、交代勤務で夜を徹して働いている人がいるのでしょうね。

投稿: pochiko | 2016/03/21 21:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「対」 | トップページ | 「ささやく夜」 »