« 「春はやうやう淡く」 | トップページ | 「ぼくのいなか」 »

「ささやく夜」

170106_1


170106_2


-- 神栖市東和田 鹿島臨海工業地帯 --

« 「春はやうやう淡く」 | トップページ | 「ぼくのいなか」 »

コメント

>>ナルコユリさん

こんばんは★

工場夜景、光彩と音に神経が研ぎ澄まされるような感覚があります。
夜なので尚一層そんな心境になるのかもです。
昔々、写真は三色で‥なんて聴いたことがあります。
確かに色数が多い場合などなど、モノクロにした方がすっきりするような気がします。
ただモノクロはコントラストの調整が付き物ですが‥。
撮影に出掛けられない時、私は脳内にイメージを溜めてます。
それが上手く表現出来るか否かは不明ですが w

投稿: M.Hermitage | 2017/01/09 21:17

こんばんは。
工場地帯は好きなテーマの一つです。
今回は「Side B」を拝見し
モノクロにして、余分な色を除く・・・ことに何か感ずる所がありました(^^)
余分な部分をそぎ落とし、撮りたいものを明確にする作業は大切だなと
自分の写真に当てはめてみました。
ただ、忙しいと、そこまで考えるのがおっくうになり
写真を撮りに行けなくなることも、
昨年後半はそのような心境でしたcoldsweats02

投稿: ナルコユリ | 2017/01/09 18:59

>>pochikoさん

お早う御座います☆

そういえばターミネーターのようなサイボーグが歩いてました‥嘘です w
工場夜景、どうしても近未来を想像してしまいます。
一度立ってみると独特の空気感がクセになります。
規模は小さいですが小名浜にもあるので、娘さんの所へ行った際に深夜徘徊を‥。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

>>光時計さん

先日はお邪魔しました。

夜景は空気が澄む冬季が良いかもです。
特に海沿いの工場の場合、春以降は空気に淀みがあって鮮明じゃなくなります。
それにしても四日市の近くですか、工場夜景の聖地ですね。
是非作品を拝見させて下さい。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

>>大阪のおっちゃんさん

お早う御座います☆

工場が稼動する反復音や蒸気が排出される振動などなどはあるのですが、それが心地良く感じてしまいます。
それが囁きのようでもあり、人気がない光景は無機質とでもいうのか独特の感覚があります。
これらが私を惹きつける要素なのかもです。

投稿: M.Hermitage | 2017/01/08 08:40

ターミネーターを想像してしまいました。
特に理由ってないのですけど
こういう場所に出没しそうじゃないですか。
あのオープニングのドキドキ感とバックミュージックが聞こえそうです。
一種独特の雰囲気ですね。

投稿: pochiko | 2017/01/07 23:06

こんばんは(^^♪
コメント ありがとうございました。
工場夜景はチャレンジしたい一つなんですが冬季の夜間ということで
なかなか決心できない臆病者です^^;
当地にも四日市コンビナートという適材のスポットがありますので
近いうちに M.Hermitageさんの作品のような素敵な写真を撮りたいです^^

投稿: 光時計 | 2017/01/07 20:38

こんばんは
モノクロの工場夜景、人の姿が見えないと、物音も聞こえない、
静かですね。
よくよく耳を傾けると、何か語りかけて来るものを感じるものでしょうか、
プラントの照明であったり、高層の排気筒の排気の流れであったり、
無音でないのですね、そう、カメラマンに語りかける会話かもしれません。

投稿: 大阪のおっちゃん | 2017/01/06 22:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「春はやうやう淡く」 | トップページ | 「ぼくのいなか」 »