« 「袖フリ橋ヲ始発ユク」 | トップページ | 「桧原古道」 »

「落下傘奴のノスタルジア」

170322_parallel_op_1


170322_parallel_op_2


-- 神栖市東和田 鹿島臨海工業地帯 --

« 「袖フリ橋ヲ始発ユク」 | トップページ | 「桧原古道」 »

コメント

>>さんままさん

こんにちは☆

>夜の造船所
規模は大きいのでしょうか?
煌々と照明が点灯しているようでしたら、必ず行くでしょうね。
でも立ち位置が危ういようですが、特に夜は足元が見えないから無理は禁物です。

春はすっきりしない空気感というか、桜が散る頃にならないと落ち着かないかもです。
そしてこの時期、体調が芳しくないような‥。
年取ると、季節の変化に付いていけない今日この頃。

サマオク、最初は分からないですよね。
自分はそうだなぁ、矢張り以前もいったように熊かな w

投稿: M.H | 2017/03/21 15:10

夜の風景・この写真を見ながら、M.Hermitageさんがこの島に住んで居たら、

夜の造船所を写しに行かれるだろうと思いながら拝見しました。

行こう行こうと思いながら・・道が狭いのと、畑に上がらないとイケナイので・・なかなか足が前に出ません・

鹿嶋市のこの夜景は、やはり前にも記した様に、山友たちを浮かべ思い浮かべて居ます。

こんな感じの夜の工業地帯や・島の造船所夜働く人たちが居られるのですよね・・・

それを絵にしない勿体ないおばけの私です。

そうそう・・・今は春霞や・黄砂でスッキリしない春の空です・プラス花粉症で、私の場合デカクシャミ^^;

**ブログの「サマオク」最初???な~るほど・グットですね(^_-)-☆

私の知人は、うふっ「エリザベス」って・(^_-)-☆

お母さんを「アントワネット」ご自分は頭部から「毛なっしー」です^^♪

お酒が好きで楽しい人です。

投稿: さんまま | 2017/03/21 11:15

>>大阪のおっちゃんさん

お早う御座います☆

そうなんです、夜景は空気が澄んだ秋~冬が良いのかも知れません。
特に海の近くはモヤが発生し、撮影にならないことも‥。
でもそれが良い演出になることもありますが、蒸した夜はレンズに水滴が垂れるほど空気が重いです。
この日は色調や解像度もおかしくレンズがおかしくなったのでは‥と、思うほどでした。
なので部分部分を切り取り、ローキーによる撮影を行いました。
二枚ともモノクロでもカッコ良いでしたが、一枚はカラーでupしました。

投稿: M.H | 2017/03/21 06:08

こんばんは
夜景の撮影は、空気の澄み具合も重要な条件なんですね、
となれば、ベストは冬、ということになるのでしょうか。
上下、若干の画角の違いがあるものの、カラーとモノクロ、の比較を味わってます。
私の好みはモノクロ、とってもシンプルに感じてしまい、
夜中のプラントの、物静かな存在が伝わって来ます。
実際は稼働音なんかも聞こえてるのでしょうか、とっても静かでクールにも見えてしまいます。
暗闇に浮かび上がるプラント、昼間にない、姿を変えた夜の光景を見せて頂きました。

投稿: 大阪のおっちゃん | 2017/03/20 23:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「袖フリ橋ヲ始発ユク」 | トップページ | 「桧原古道」 »