« 「落下傘奴のノスタルジア」 | トップページ | 「Midnight Rambler」 »

「終 日」

170327


-- いわき市平薄磯字小塚 塩屋崎灯台 --

« 「落下傘奴のノスタルジア」 | トップページ | 「Midnight Rambler」 »

コメント

>>Angelheartさん

お早う御座います☆

一日眺めているにはまだ寒い陽気ですが、春の海は穏やかなイメージがありますよね。
裸足で砂浜を歩けるような季節が良いのかなぁ。
ひねもす・・・朝から晩まで一日中ということですが、漢字にすると終日。
何か意味合いが異なって感じてしまうのは私だけだろうか。

投稿: M.H | 2017/03/29 05:42

「春の海 ひねもすのたりのたりかな」という
芭蕉の見た海の風景を想像させるような 静かな静かな海ですね

潮の満ち干や波をかぶる心配のないところでなら 
一日中こんなのどかな海を眺めていたいなぁ、と思ってしまいます。

投稿: Angelheart | 2017/03/28 21:04

>>山本さん

お早う御座います☆

穴は昔々、人工的に作られた堤防の跡です。
画面中央、左に写っているのが現在残っている堤防です。
立ち居地の後側には、穴に立つ朽ちた杭が残ってます。
ピントは灯台直下、因みに絞りはF10です。
灯台の裏側になるからか、山六観光と二件の土産店は大丈夫のようでした。

投稿: M.H | 2017/03/27 05:58

こんばんは、前景の9つ穴は何でしょうか?引き潮で海水が無いところなのかなと思いますが。
ピントはどの辺りで合わせていますか?
この近くにお土産屋さんがあったかと思います。そのお土産屋さん、震災の津波は軒先直前で止まって
奇跡的に浸水は逃れられみたいです。名前何だったっけな?磯六?そんな店名だったかと思います。

投稿: 山本 | 2017/03/27 01:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「落下傘奴のノスタルジア」 | トップページ | 「Midnight Rambler」 »