« 「春暮は寂しいものです」 | トップページ | 「時こそ今は新樹萌ゆ」 »

「わたしは夜に海をみる op.5」

170503_op


-- いわき市平薄磯字北街 薄磯海岸 --

« 「春暮は寂しいものです」 | トップページ | 「時こそ今は新樹萌ゆ」 »

コメント

>>はなうたさん

こんにちは☆

いやいや味は人各々、その時の体調もあるし作る側も食材や手順が変わることもあります。
なのでお気になさらずに。
というか、実際の自分で食べてみないと分かりませんよね。

塙町ですか。
昨日は塙町から茨城に抜け、そこからいわきに行きました。
塙町というと湯岐温泉。
温泉は入りませんが雷滝をよく撮りに行きました。
ラーメン屋さんが多く、機会があればきせん食堂に行ってみたいです。
でも一番気になるのが木の博物館だったり w
それにしても転勤があると大変ですよね。
更に将来福島を離れるとなると尚更‥。

そうそう、私の件はそちらに書きますです。

投稿: M.H | 2017/05/21 12:48

こんばんは(*^^*)

”Side B”読みました!両方しょっぱかったんですね!
これは失礼致しましたsweat01
私も1回しか行ってないので、微妙なところですが
SNSなど見ると、色々なコメントがあったので、バラつきがあるのかもしれません。
私の舌が鈍くなってると言うのも否定出来ませんがw
ただ、ネギが硬いのは絶対ダメですよねcrying

ところで、質問の件ですが
私の実家は塙町です(*^^*)
母の実家があるので、物心つく頃から塙町で過ごしました。
父は福島の人間ではないので、生まれたのはまた別なんですが・・

結婚してしばらく棚倉に住んでまして、その後主人の転勤で郡山へ
そして現在は会津若松に住んでいます。
でも、主人も福島の人間ではないので、将来的には福島に居ない可能性が高いです・・。

M.Hermitageさんは、どちらのご出身なんですか?差し支えなければ(*^^*)

投稿: はなうた | 2017/05/19 23:40

>>はなうたさん

お早う御座います☆

私はチャーシューメン、サマオクはメンマラーメンでしたが、どちらもしょっぱかったです。
味覚は人各々ですが、ご飯と共に食べるのがデフォなのかぁ w
その内”Side B”に私的な感想をupします。

じゃずめん、白河ラーメンの流れです。
二回行きましたが、味のバラツキはあまり感じられませんでした。
白河屋も二回行きました。
おそらく化調を使わないあっさりしたスープ、そしてモチモチした手打ち麺が良かったです。

投稿: M.H | 2017/05/18 06:07

まつり亭行かれたのですね!
しょっぱかったのは、もしかしてチャーシューメンですか?
通常のラーメンに比べて、チャーシューメンの方がしょっぱいみたいですね。

でも、私もずっと喜多方や会津のラーメンはしょっぱいな~と思ってましたが
1年住んで、徐々に舌が濃いモノに慣れてきてしまってるのかもしれません・・
もともとは薄味が好きなんですけどね(*^^*)

しっかりと味のついたチャーシューは喜多方ラーメンの特徴の1つですが
地元の人に、その事を言うと「チャーシューはライスも頼んで乗っけて食べるんだ」
と言われます・・しかし、私にはラーメンで精一杯で、ライスまで食べる胃力ありませんw

じゃずめんは、M.Hermitageさんのブログで知りました!
サービスで鶏ガラが出てくるなんてビックリですw
同じく塙町の「白河屋」さんも美味しそうでしたね♪


投稿: はなうた | 2017/05/17 22:53

>>はなうたさん

こんばんは★

おぉ、かなざわ亭をご存知でしたか。
久しく行ってないけど、棚倉町に住んでいたことがあるのですね。
とろけるチャーシューは、ほんととろけますよね w
スープは落ち着いた味わいでした。
そうなるとじゃずめん行きましたか?

所でまつり亭に行ってみました。
私的にはちょっとしょっぱく感じましたです。

投稿: M.H | 2017/05/17 21:59

こんにちは(*^^*)
”Side B” 少しずつ読ませていただいてます♪
棚倉町の「かなざわ亭」の記事があったので、懐かしくなり
コメントしに来てしまいました☆

約8年前まで、数年間棚倉町に住んでいまして
「かなざわ亭」には、よくラーメン食べに行ってました(*^^*)
優しい口当たりのホッとするスープと、やわらかチャーシュー
そして、小柄な女将さんの笑顔が恋しくなってしまいました!

投稿: はなうた | 2017/05/17 17:16

>>はなうたさん

こんにちは☆

もしかすると生業でないかぎり素人かも。
となると、私もはなうたさんと同じであります。
夜の海ですが、撮り方でこのような色合いにもなります。

味の方も素人でして、撮影の際に寄った店を載せてます。
なので超メジャーな店はあまり行ってない‥と、今更ながら気付きました w

投稿: M.H | 2017/05/15 08:51

おはようございます(*^^*)

凄い写真ばかりで圧倒されてしまいました!
私は、何の知識も無いド素人ですが
青の色がとても美しくて、魅入ってしまいます。

もうひとつのブログの方もチラリと拝見しました
石川町のお店の記事も含め
他の記事も、じっくり読ませて頂きますね!

投稿: はなうた | 2017/05/15 04:07

>>deltaさん

お晩です★

私もほぼカレンダー通りでしたが、撮影は先月末から計二日半だったかな。
腰はどうですか?
以前書いたように私もヘルニア持ちなのですが、最近痛くなることがなく助かってます。
でもこういう時って一気に来るかも‥予防は適度に休むことかもですね。

撮る側と見る側は別物‥確かにその通りですね。
というか、感じ入るところが各々違うかも知れない。
女性がファインダーを覗きながら「綺麗だぁ」と、声を上げる様をよく見ますが、私からすると何が綺麗なのかさっぱり分からない w

片道四時間、これはちょっと遠いですね。
でも琵琶湖って被写体の宝庫だと思うのは私だけかな。
きっと素晴らしい光景があるように思います。
遠いけど小まめにロケハン、やっぱこれが基本なんだよなぁ‥。

投稿: M.H | 2017/05/10 21:41

こんばんは^^

GWは、10数年ぶりにカレンダー通りの休みで
あちこち出歩きたかったのですが
先月中旬に、椎間板ヘルニアの再発があって
ゆっくり過ごすことを優先しました (´▽`;)アハ

最新の お写真も拝見しましたが
桜・・・本人の苦手意識とは別で、とても美しいと思いますよ^^
思うに、撮り手の思う「苦手意識」と、見る側の思う「心地よさ」は別物かと^^
ゆえに、「苦手=ダメな写真」ではないと思うのです。

岐阜から琵琶湖まで、下道で4時間ほど・・・
日本海も、そこから少し足を延ばせば・・・(*´ω`*)
基本、ひとりで撮影に出る時は、日帰りなので
時間帯を激しく選んでしまいそうですが
こう言った写真も撮ってみたいところです(*´ω`*)

投稿: delta | 2017/05/10 20:33

>>deltaさん

こんにちは☆

GW、如何お過ごしでしょうか。
私は昨日、今年のラストになる桜を撮ってきました。
福島はまだまだ見れる場所があるのですが、今年はいつも以上に撮ったように思います。
でもやっぱ苦手なんですよ。
例えば時間が過ぎても尚、見ていられるような内容にならないのが難点なんだなぁ‥。

deltaさんの所から日本海や琵琶湖は遠いのかな。
海岸などでこんな撮影も面白いですよ。

投稿: M.H | 2017/05/06 13:51

こんにちは(*´-`*)ノ
ご無沙汰しておりました(*- -)(*_ _)ペコリ

桜を追いかけ、右往左往が終わりました(´▽`;)アハ

蒼にスッと一筋の赫。
いつまでも見ていたい・・・そう思います。

遅ればせながら、お写真、遡って拝見してきましたが
桜! 苦手だなんて思えないですよ~^^

久々にブログにお邪魔して、目の保養させていただきました(*´ω`*)

投稿: delta | 2017/05/05 16:50

>>さんままさん

こんにちは☆

当たったようですね。
私はどうも気の利いたお世辞のようなものが苦手(言われるものですが)、上手い言葉が出てきませんです。
初めて聞きましたが三叉神経痛というものがあるのですか。
私は腰痛持ちなので、季節代わりや寒いと起こる症状が何となく分かります。

美人薄命、天は二物を与えず・・・・その反対も大いにある訳で、ただの気のせいですね。
>結婚できて幸せに
う~む、矢張り会津から広島に嫁いだ経緯が気になるなぁ w

投稿: M.H | 2017/05/02 15:25

M.Hermitageさん・顔バレ正解です。

そうですね~山さぁ~登るのでイメジージ違ったがよオ~(笑い)ですね!
へへへ・同窓会(ホテル泊)なので、ちょっとお洒落してみました(^_-)-☆
普段は、Tシャッにジーンズ姿が多いですよ。
帽子は・昔三叉神経痛と言う病気をして・寒い時に頭が痛くなるので、
お洒落で無くて、病気予防でよく被って居ます。

只見の流れ麗しく~♪校歌の一節ですが、
この流れ・この場所で命を絶った友達の事が、みんなの話題になりました。
美人薄命・色が白くとても綺麗な同級生でした。
いつまでも生きて居る私・やっぱり美人からはほど遠い様で・
良かったのか?悪かったのか?

幼馴染(男子)の名言「さんままは顔が悪いのに、結婚できて幸せになって良かったぁ~!」って^^;
顔の事は放って置いて頂戴!ですけど・・精一杯の祝福と受け取りましたけどね・・(苦笑)
お金持ちでは無いけれど、自分を楽しめて生きて居るので、幸せ人生だと思って居ます。

投稿: さんまま | 2017/05/02 11:10

>>さんままさん

こんにちは☆

秋の只見川、確かに只見線の車窓からの眺めは良さそうですね。
乗りたいのはやまやまだけど、車で移動していると思うように行かないのが玉に瑕。
なのでなるべく地元で食べて応援です。

プレゼントの五文字に何故か弱い私、後ほど伺いますです。
果たして何があるのだろう‥ドキ×2 ワク×2 w

投稿: M.H | 2017/05/01 14:19

ちょっとお知らせ

私の掲示板への故郷の風景有難うございます

6月には梅雨時で川霧が多く発生するのでしょうね・

また画像を楽しみにして居ります。友達は・秋の紅葉の時、一人で川口までわざわざ列車に乗り、

車窓の紅葉を、楽しむそうです。見事な紅葉だそうです。

M.Hermitageだけへのプレゼント画像をペッタンコ・しましたので、

孫の居るば~ちゃんですが(人魚で無くて・・ごめんね~ごめんね~♪)

見に来て、さんまま探しをして頂ければ・・・

投稿: さんまま | 2017/05/01 10:36

>>pochikoさん

お早う御座います☆

以前、打ち上げられた魚に見えると云われたことがります。
写真は見た人の感想なので、ワニでもパンダでも構いません。
人魚ならそのまま恋に落ちます w

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

>>大阪のおっちゃんさん

お早う御座います☆

満潮時を狙いましたが、潮位が上がりませんでした。
この岩礁、三年前にop.1を撮りましたが、現在は上部が削り取られ、右側にあった岩も無くなるなど時の流れを感じます。
震災以降この岩礁を眺める人はどれだけ居るのか、また変わり行く形状に気付く人は居るのか、岩礁だけにそんな個人の干渉です w
http://d300s.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-315d.html

色調の違いは撮影時刻です。
長露光及びND400などを使うとアンバー色が強くなります。
併し水平線が目で確認できる時間帯であれば、WB4000k周囲で撮ると青さを強調できます。
ただ全体的に明るめになり、光跡は白っぽくなるので赤を加えました。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

>>さんままさん

お早う御座います☆

直線で右側300mほど先は、美空ひばりの記念碑がある塩屋崎灯台があります。
そこからこちら側は薄磯海岸と云われ、震災前は街並みがありました。
津波で街は壊滅、現在は堤防を含めかさ上げ工事中です。
夜は時折り堤防沿いの道を車が通りますが、人気はありません。

この画像、露出時間は凡そ六分です。
船の速度、並びに進行方向で時間は変わってきますが今回は早い方です。
青は日没時の寒色ですが、これを過ぎるとセピア色が強くなります。

投稿: M.H | 2017/05/01 06:10

静かに眠る海に岩が何か…そうですね。
強いて言えばワニのように見えました。
海にワニ…そぐわないですけどあり得るような気がしました^^;

投稿: pochiko | 2017/05/01 00:39

こんばんは
op.5、今回は潮が満ちてますね、
この岩礁がお気に入りなんでしょうか、
光跡は、後で赤くレタッチとのこと、今回の画角は前回より広角、
手前のさざ波が入ってひと味加わりましたね。
それに波に写る岩礁の影も入って微妙な動きが有り、受ける感じが変わります。
前回は、岩礁の占める割合多く、明るさも、グリーも少し強く、海より勝りましたが、
今回はグリーンが少し暗く、沖の海に馴染みます。
こちらの感じの方が私は魅入ります。

投稿: 大阪のおっちゃん | 2017/04/30 21:12

静かさが伝わる風景ですね・・・

だ~れも居ないのでしょうか?

あの光跡が1本・過ぎゆくまでどのくらい時間が経つのでしょうか?

そして・一枚完成・辛抱が要りますが・海の青さと空の青さが美しいですね・(ため息)

ふと・・・

私だけの感想ですが(笑い)

岩の形が何だか?ワニに似て居る様な???わざと狙ったとか??(@^^)/~~~

投稿: さんまま | 2017/04/30 21:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「春暮は寂しいものです」 | トップページ | 「時こそ今は新樹萌ゆ」 »