« 「時こそ今は新樹萌ゆ」 | トップページ | 「風と光と萌葱色」 »

「春尽きる」

170510


-- 耶麻郡北塩原村大字大塩字桜峠 --

« 「時こそ今は新樹萌ゆ」 | トップページ | 「風と光と萌葱色」 »

コメント

>>youmarさん

お早う御座います☆

もしかすると五日の朝が満開だったかもですね。
今年は夕景を撮ろうとイメージを膨らませてました。
早朝は見たことがないので、来年は早朝を‥。
でも地元のyoumarさんが夕方というのであればやっぱ夕方かな w
どちらにしても今回のように急だと、天候とのタイミングが難しいです。

投稿: M.H | 2017/05/10 06:07

こんばんは。
私は都合で午前中しか行けませんでしたが、
やはりここは夕方がいいですね。
さすが見事な捉えられ方に脱帽です。
それにしても散るのが早過ぎでした。

投稿: youmar | 2017/05/09 22:56

>>orangepepeさん

こんにちは☆

今年は夕景を撮ろうと思い、空模様を考慮し7日の日曜を計画してました。
でも何かを察し子供の日に行ったのですが、既に散り始め日中はやや寂しい景観でした。
HALF NDや後のレタッチを必要としますが、私のような下がりっ放しの腕でも何とか撮れました。
なのでorangepepeさんならきっと大丈夫ですよ。

投稿: M.H | 2017/05/08 16:25

いいタイミングですねー
羨ましいです~(^^)/
桜も夕陽も最高!こんな時に行ってみたいです
でも、腕が無いので撮れないかも(^-^;

投稿: orangepepe | 2017/05/08 15:22

>>ナルコユリさん

お早う御座います☆

例年になく桜を撮る機会が多かったです。
現地に着く前に凡その構想があるのですが、言い換えると突発的面白さに欠ける内容かもです。
此処は山一面に桜が植えられ、桃源郷ならぬ桜源郷といった場所です。

福島に来られたのですか。
バスで来てレンタカー、う~む私には真似できない行動力が素晴らしい。
連絡を頂ければちょっとは案内できたかもですが、初めての場所は何処へ行ってよいのか大変だと思います。
でも楽しめたようなので何よりでした。
裏磐梯も行かれましたか?

投稿: M.H | 2017/05/08 05:58

こんばんは。
ご無沙汰してしまいました。
久しぶりにお邪魔したのですが、
どの写真も考え抜いて撮られているなあと
改めて思います。
雲海のような桜が素晴らしいですね。

私、先月会津若松に撮影旅行に行ってきました。
高速バスで会津若松に行き、レンタカーを借りて回りました。
桜が満開で、磐梯山も美しく、本当に良い所でした。
初めての道でしたが、あちこち迷いながらのドライブも楽しかったですよ。

投稿: ナルコユリ | 2017/05/07 23:17

>>大阪のおっちゃんさん

お晩です★

そうですよねぇ、こういった撮影は後のレタッチ前提なんですが、人間の目のようなカメラって出来るのかなぁ‥。
もし出来たとして、撮影技術というかノウハウは不要になってしまいますね。
陽が沈む位置はネット上の画像で調べました。
構図はもっと良い立ち位置があるのですが、足元の雑木が入り込まない場所としました。
その立ち位置は昼前に来た際、凡その検討を付けておきました。
日の出日の入りは露出が刻々と変わるため、デジタルの最大の利点で撮っては確認を繰り返してます。

撮影を主として出掛ける際、サマオクは待ち時間が長いことに慣れているというか、道の駅を長時間散策したり、以前も書きましたが野草を採取してます。

投稿: M.H | 2017/05/07 18:11

こんばんは
「春尽きる」、フィナーレを飾る素敵お写真を拝見出来、幸せに思います。
早朝出発で夕暮れまで、サマオク様も覚悟のご同伴、素敵な桜に出会えてお疲れも感じなかったことでしょう。

HALF NDを使用、夕陽が、とても美しく、手前の桜も、人の目で見るように美しく表現、
デジタルも、いつの日かこれくらいのダイナミックレンジを持つカメラが生まれるでしょうか。
沈む太陽と桜のバランスが素敵ですね、構図は、咄嗟の判断でしょうか、
刻々と沈み始める太陽に、焦りはありませんでしたか、HALF NDを使用しながらの撮影、
余裕さえうかがえる作画に、流石、との表現しかありません。

投稿: 大阪のおっちゃん | 2017/05/06 23:15

>>めぐさん

こんばんは★

良い所を突っ込んで頂きました w
最初は晩・暮などが頭にありましたが、在り来たりというか春の終わり的な表現にしました。
輝度差のある撮影はやっぱ難しいものですね。

投稿: M.H | 2017/05/06 17:05

見入ってしまいました。
タイトルもいいですね、晩春や暮春ではなく尽きる・・・・・
春が終わってしまうような
そんな夕暮れを連想します。

投稿: めぐ | 2017/05/06 16:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「時こそ今は新樹萌ゆ」 | トップページ | 「風と光と萌葱色」 »