« 「朝笛響く」 | トップページ | 「夕帳なぞって終列車」 »

「風の行方」

170621


-- 大沼郡金山町大字大栗山字雨沼 霧幻峡 --

« 「朝笛響く」 | トップページ | 「夕帳なぞって終列車」 »

コメント

>>さんままさん

こんばんは★

実は私もこんな感じの写真を撮りたいのですが、代わり映えしない風景ばかりです。
言い換えると見つけることが大変なのかなぁ‥。

投稿: M.H | 2017/06/20 19:42

人の好みでしょうが、私はこんな風に自然を切り取った写真が好きです。

水の緑・・初夏の色ですね(*^-^*)

投稿: さんまま | 2017/06/20 17:46

>>めぐさん

お晩です★

仰る通り、風が描いた心象画ですね。
池や沼なら鏡面になりますが、川面はこれが限度かな。

投稿: M.H | 2017/06/19 19:58

風が描いた心象画?
神秘的です

投稿: めぐ | 2017/06/19 09:32

>>大阪のおっちゃんさん

お早う御座います☆

この日は中望遠までしか持参せず、その画角だと水面を多く取り込むようなりました。
風が吹くとあっという間に表情が変わってしまい、なかなか元に戻りません。
霧幻峡、昨夏も通いましたが、 川霧の画像がまた多くなるかもです。
木は何だろう、遠くなのでそういえば確認をしてなかったです。

投稿: M.H | 2017/06/19 05:51

こんばんは
霧幻峡、ちよっと秘境の雰囲気ですね、
さざ波に映った木、白樺でしょうか、
水面だけを取り込んだ決断、素敵なセンスですね。
ほどほどの風が味方してくれたのでしょう。

投稿: 大阪のおっちゃん | 2017/06/18 23:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「朝笛響く」 | トップページ | 「夕帳なぞって終列車」 »