« 「霧幻峡」 | トップページ | 「そらはけふ灰白色らし」 »

「水色の旅」

170712


-- 大沼郡金山町大字大志字掛橋 --

« 「霧幻峡」 | トップページ | 「そらはけふ灰白色らし」 »

コメント

>>さんままさん

こんにちは☆

TVでやってましたか、それは知らなかった。
もしかしたら私の撮った風景が映ったでしょうか。
条件が良ければ夕方も出ます。
でもその確立は朝より低いです。
運が良いというかここ数日気温・湿度とも高く、更に奥会津は雨が降り、霧が立つ条件は全て揃っていたようです。

星さんは郷土写真家というのでしょうか、三週間ほど前も観光客を案内し舟を漕いでました。

http://okuaizu.pupu.jp/index.html

そうそう霧幻峡というロマンティックなイメージですが、霧に囲まれると身体もカメラ機材もベトベトになり、不快指数はMAX状態です w

投稿: M.H | 2017/07/13 11:41

M.Hermitageさんおはようございます。

今朝NHKアサイチで只見線の霧幻峡(夢幻峡)の川霧をして居りました。
朝夕の川霧を言われて居ましたが、夕方に出ないので、レポーターたちは、朝4時頃再度挑戦・・お~綺麗!!

川霧が上がり・夢幻峡の世界になりました。
案内の船頭さんは、只見線を写している写真家の星さんでした。
「日頃の行いが良いから、霧が出ましたよ~」って、言われて居ましたよ。
いつも只見線撮影に行かれているM.Hermitageも、霧撮影(*^^)vは、
日ごろからの行いが良いから(^_-)-☆なのでしょうね~(^^♪

投稿: さんまま | 2017/07/13 10:15

>>orangepepeさん

こんばんは★

流れが緩いとはいえ川なので、写り込みはその時々の光景かもです。
そもそも撮り鉄ではないですが、奥会津や只見川を撮るとなればどうしても只見線が必要不可欠。
そんな景観に惹かれてます。

投稿: M.H | 2017/07/10 21:18

完全に鏡ですねーいいなぁ
うちの方は電車が通っていないので憧れます
また素敵な写真楽しみにしています!

投稿: orangepepe | 2017/07/10 19:53

>>さんままさん

こんにちは☆

観光パンフレットなどによく載る構図です。
なので在り来たりといえば在り来たり w
そんなことから今まであまり撮らなかった場所でもありますが、此処は地元の方が草刈を行わないと入れません。
なので大変に有り難いです。

もしかして日にちを勘違い?
でも終わった後じゃなくて良かったです。
毎年通われるようですが、その行動が良い一枚への大切な気構えですよね。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

>>mokoさん

こんにちは☆

コメントの削除、お気になさらずに。

例えばアンダー露出の場合、SSを早くする、NDを使って暗めにするなどありますが、後者は色の発色が良くなるような気がします。
特に夕空はより赤味を強調するように思います。
と、私もビギナーなので小耳に挟んだ程度に w

夏の只見川です。
爽やかな印象ですが、日中は結構暑いです。
でもその寒暖差で川霧が立ちます。

投稿: M.H | 2017/07/10 14:00

大志集落に魅せられて~

私の先輩が見たら・涙を出して喜ぶくらい自分の生家集落の写真の数々ですね(*^-^*)

何度も何度も足を運ばれているから写せるポイントなのでしょう。(感心)

私事ですが・・昨年7月第2日曜日は、近所の神社の火祭り・・・って

毎年・成功してないけれど、行って居るので、昨夜も出かけました。

あれ~・・静かだぁ~って思って境内に着くと・・シ~~~~ン(誰もいない)

帰り道隣人のご夫婦が草取りして居て、「もう今日は雨の予報で、中止だったみたい・・」って

言いましたら、

ご主人が「ゴミステーションに・16日って、貼ってあったよ!」って(^-^;)チャンチャン!

ダメだぁ~こりゃ~・・・です。トホホ

投稿: さんまま | 2017/07/10 12:39

こんにちは!

私のブログへのコメントありがとうございます。
なのですが、返信をしようとして間違えて削除してしまいました。
申し訳ありません。

NDフィルターの件なのですが、私も後から「必要なかったんじゃない?」と
思っていました(笑)
まだまだ未熟で勉強中です。

こちらのお写真は水面の色がとても涼しげでいいですね。
自分がこの列車に乗って、窓から入ってくる風を思わず想像してしまいました。

投稿: moko | 2017/07/10 11:56

>>大阪のおっちゃんさん

お早う御座います☆

そうです、大志集落です。
国道からちょっと降りた線路沿いから撮りました。
こんな光景を見ていると、つい旅愁に駆られます。
片側二本のレールですが、私も詳しくは分かりません。
でも以前、車幅の異なる車両用と聞いたことがあります。
創造ですが、除雪車などは車幅が違うのかなぁ‥。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

>>めぐさん

お早う御座います☆

色合いがとても綺麗でした。
でもこの後、暑さがうなぎ上りで川辺は不快指数も高いです。
只見線はこんな光景の中を走りますが、車窓からのきっと眺めも美しいんだろうなぁ‥。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

>>えんじぇるはーとさん

お早う御座います☆

車両の位置がもうちょい前だと良かったかもです。
陽射しが入る前の景色、自分でいうのもなんですが清々しく感じました。

投稿: M.H | 2017/07/10 06:28

こんばんは
只見線から眺める清々しい只見川の水面、
思い出に残る旅の車窓でしょう。
奥の集落は大志集落でしょうか?
ついそんな思いにかられます。

片側の二本の鉄路、脱線防止でしょうか、雪国対策でしょうか。

投稿: 大阪のおっちゃん | 2017/07/09 23:30

遠くの集落と周辺の写り込み
そして間もなく目の前を通り過ぎようとする電車
躍動感があってとても美しい光景・・・・旅に行きたーい sign03

投稿: めぐ | 2017/07/09 20:02

湖に映り込む青い空が解放感に溢れてますね。
緑色の電車に乗って、水色の旅に出る・・夏らしくていい感じです♪

投稿: えんじぇるはーと | 2017/07/09 13:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「霧幻峡」 | トップページ | 「そらはけふ灰白色らし」 »