« 「あしたぼくはどこかへいきたい」 | トップページ

「山繁リ何レニ行クヤ夏ノ日ヨ」

170816


-- 大沼郡三島町大字川井字天屋原 第二只見川橋梁 --

« 「あしたぼくはどこかへいきたい」 | トップページ

コメント

>>さんままさん

こんばんは★

亡き父も海釣りが好きでした。
でもどうなんだろう、この期間生業以外の殺生は避けた方が良いかもですね。
そういえばアニサキスの騒動以降、寿司や刺身などを食べていなかったなぁ。

霧の状態がイマイチだったので、翌週の始発を撮りました。
時間としては90分ほど早く、イメージ近い感じでした。
欲を言えば川沿いの山間から霧が立ち上ればこの上なしですが、こればかりは如何とも行きません。

昨日はサマオクの実家で新盆でした。
で、今日から仕事でありますが、涼しくて過ごし易いお盆であります。

投稿: M.H | 2017/08/15 17:39

こんにちは~

お盆です・そしてお盆休みです。釣りバカさんは連チャンで「ママカリ」と言う魚釣りに行き、
昨日も今日も150匹位釣り、みなさんに配りまくりました。半分くらいははらわたとうろこの処理を手伝い
「缶詰工場状態」のお盆です。(お盆に殺生して良い物か????)
3センチくらいの魚です。岡山では「ママカリ」こちらでは「もうかり」と言って居ます。
焼いて酢に漬けるのが定番です。

> 12日撮影の画像に差し替えました・・・更に良い川霧が出て幻想的ですね。

今日することが無いので、同窓会で頂いた小学校中学校のDVDを一人で見ていました。
アルバムの中の何人かが・天国に召されています・・・
そして、前に記した友達も美少女で写っています。でも何故か・・とても悲しい顔に見えます。
この鉄橋から身を投げたそうです・・・ふるさと在住の同級生は消防団に入っていたので、
彼女の遺体を引き揚げた時、手伝ったそうです。
彼は20代でしたので、とてもショックだったと、話してくれました・・・
彼女の御霊は、お盆で家族の元へ帰っているのでしょうか・・
悲し気な彼女の写真に思いを馳せました。

投稿: さんまま | 2017/08/15 15:02

>>大阪のおっちゃんさん

こんばんは★

先週も同じ場所で撮りupしたのですが、霧の状況が面白くなく撮り直しました。
此処は三島町の道の駅裏の只見川に掛かる歳時記橋上で、何方でも気軽に眺めることが出来ます。
先週は下り始発07:26頃、今回は上り始発06:00頃ですが、約90分の差で景観は大きく変わります。
画像を見ると清々しいイメージを受けるかもですが、川霧=湿気なので気温が上がるとかなり蒸します。
近くの西方駅周辺で下り始発を撮影しましたが、今回はボツとなりました。

投稿: M.H | 2017/08/14 19:38

こんにちは
只見川第二橋梁、この立ち位置も素敵な場所ですね、
内緒の場所ですか?
川霧が橋梁の真下まで溜まって来る、霧に浮かぶ橋脚が幻みたい、
素敵な霧の様子に出会えてよかったですね。
緑濃い、真夏の勢いを見せる周囲の山々、霧のベールが
とても素敵な情景を作ってます、ナイスシヤッターチャンス、日ごろの行いでしょうか。

投稿: 大阪のおっちゃん | 2017/08/14 12:07

>>さんままさん

こんにちは☆

今はそんなことがあれば大騒ぎ&大問題。
子供の頃に住んでいた町は線路が無かったですが、昔は線路も遊び場だったような‥。
でもそれはローカル線ならではというか、本数が少ないから立ち入ることが出来たと思います。

あまり撮る機会がなかった第二橋梁ですが、もしかしたら明日も撮影するかも。
この画像より良いのが撮れたら差し替えます。

12日撮影の画像に差し替えました。

私の所は梅雨が明けてもまるで梅雨のようです。
酷暑の西日本と違って朝方は毛布を掛けて寝てます。
更に梅雨とは違い湿度は少なく、このまま秋になれば言うことなしなんだけどなぁ。

投稿: M.H | 2017/08/11 14:11

この鉄橋・子供の頃、歩いて渡った事が何度もあります。

昔だから出来た事で今なら逮捕されるのかな?ふる~い木のつなぎ目から下が見えて怖かったです。
本当に夢に出て来そうなくらい・怖い思いをしましたが、みんなについて行かないとイケナイノデ
頑張って渡りましたが・・・渡ると、帰りも又同じ怖さです。
一番怖いのは・渡る途中に列車が来て(何度も汽笛を鳴らされて(>_<)・・)
目の前を列車の車輪が通り抜けて行くのを目をつぶって待ちました(本当に今でも怖かったと思える体験です)

春にこの場所を列車で通る時・あの緑色の川の色を思い出し・・(怖かったぁ…)って、心でつぶやきました。

で・・・冷静に考えてみて・何をする為にこの橋渡ったのだろうと???謎です。
昔の事です・遊ぶ物も無い頃の、子供たちの探検隊?ただの物好きで、怖い思いをしたのだろうと・・

先日、同窓会に参加出来なかった幼馴染から、電話がありました。
出席した友だちに、写真や名簿を見せて貰って、懐かしくて電話をくれたそうです。
広島から参加した人がいて、それが〇〇ちゃんだったから~って(笑い)〇〇ちゃんの私もうトシを取りました・・

彼のうちは大工さんで、資材を置く小屋で、みんなでかくれんぼした話題がよく出ます。
男の子も女の子もよく遊びました。かくれんぼの話・鉄橋渡った話・・・みんな手を上げます(笑)

懐かしい写真を見せて頂き有難うございました。

投稿: さんまま | 2017/08/11 11:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「あしたぼくはどこかへいきたい」 | トップページ