« 「寒色の朝」 | トップページ | 「十二月の存在 op.2」 »

「夕暮なんぞを見てゐた」

180224


-- 東茨城郡茨城町大字上石崎 涸沼 --

« 「寒色の朝」 | トップページ | 「十二月の存在 op.2」 »

コメント

>>桃里麻鈴さん

お早う御座います☆

昨日はお邪魔しました。
静かな夕暮れです。
聴こえるのは水鳥の鳴き声だけ。
あっ、それとシャッターを切る音 w

投稿: M.H | 2018/01/25 06:29

こんにちは
すばらしい夕景に心躍ります。
時が止まってしまったかのような情景。
溜息が出ました。
応援ぽち

投稿: 桃里麻鈴 | 2018/01/24 22:09

>>さんままさん

こんにちは☆

薄っすらと曇った日没です。
晴れていれば右側に筑波山が見えます。
そんな空模様のお陰で太陽が独特の色合いになりました。
此処は二月になると賑わうかも知れません。

昨年もこの駅伝に行きませんでしたっけ?
というか、毎年広島で開催されるのかな、疎くて分かりませんでした。
何というか変な言い方ですが、天災は時間を要し物理的に復興することが出来ます。
でも放射線はこうは行かず、立ち入り禁止区域は復興のスタートラインにも立ってないように思います。
多くの国民は既に過去のことという認識が強いようですが、福島では現在でもNHKのローカル番組など、毎日県内各地域+原発排水溝の放射線量を公表してます。

投稿: M.H | 2018/01/24 13:25

夕陽を見ると、なんだか落ち着けます・・
夕陽は白く抜けて仕舞う事が多いですは、上手く丸の中赤味がありますね・・綺麗~
撮影者たちの場所取りは大丈夫な場所でしょうか?

私事ですが、21日全国都道府県男子駅伝を見に、広島へ行って来ました。
スタートは、高校生があっという間に走り去ります。でも、1時間前くらいから場所確保・

帰路のゴール地点の福島県と岩手県・秋田県辺りの県人会の中へ入れて貰って応援しました。
選手が来るまで、雑談の中に・岩手の実家が津波で流された・・・って淋しそうに話してくれた女性・
私が「大変でしたね」と言いましたら「岩手より福島県の方が放射能で大変だけど、大丈夫だった?家族は大丈夫?」って、反対に心配の言葉が・・・本当に東北の人たちは、みんなが励まし合う程、辛い体験をしました・・

その翌日に白根山の噴火・自然は突然ですから怖いですね・
私の今現在、平穏無事な日に感謝です。

投稿: さんまま | 2018/01/24 11:25

>>もりかさん

お早う御座います☆

無事に帰宅されましたか。
首都圏の大雪に巻き込まれなくて良かったです。
先週末は幾分暖かかったようですが、良い景観に出会えたでしょうか。
初めての場所は思ったようには行かないかもですが、機会があれば初夏や秋にもお越し下さい。
その時は裏磐梯に限らず、知ってるポイントなどはお教え出来ると思います。

以前お話しましたが、海沿いの原発がある町々は当時のままの姿が残ってます。
この先、人が住めるようになるのか、それともこのままなのか。
何れにせよ昔々の景色は無くなってしまいますね。

投稿: M.H | 2018/01/23 06:25

こんばんは。気持ちが凜とするような美しい夕景に魅せられてしまいました。
日曜日の朝、無事に帰ってきました。
磐梯山も見ることができました。
天神浜は、最終日に行こうと計画していたら、降りしきる雪で、あきらめました。
また次の機会を楽しみにすることにします。

郡山へ向かう道中、真新しい建物を見るたびに、神戸の町と重ね合わせていました。
町がきれいになっても、私が育った懐かしいふるさとの光景ははどこかへ行ってしまった。
その思いは、23年経ってもやはり変ることはありません。

この度はいろいろと教えていただいてありがとうございました!

投稿: もりか | 2018/01/22 23:08

>>めぐさん

こんばんは★

こちらは昼過ぎから降り始めました。
現在は7cmほどの積雪ですが、降りっぷりが良いので朝はどうなっているやら。
寒いのでイメージが沸きませんが、確かに暖かければ地中海の寂れた漁村のような‥。

投稿: M.H | 2018/01/22 19:58

こんにちは
私のところは雪が降ってきました。
涸沼の夕景、拝見するたび地中海のような異国に見えます。

投稿: めぐ | 2018/01/22 13:25

>>pochikoさん

お早う御座います☆

涸沼は海ではなく汽水湖なんです。
国や茨城県は涸沼川の一部という見解のようです。
海ではないので風がないと波は立たず、聴こえるの水鳥の鳴き声だけ。
とても静かな日没です。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

>>大阪のおっちゃんさん

お早う御座います☆

快晴の夕暮れではないですが、却って表情のある落陽になったような‥。
日の出日の入りの太陽の位置、季節毎に違うのでロケハンや情報が必要ですよね。
それに依って立ち位置・構図が変わり、同じ場所でも飽きずに通ってしまいます。

投稿: M.H | 2018/01/22 05:48

凪いだ夕暮れを待つ海に
沈んで行こうとする太陽が見える
静かな一瞬の時、そんな時を捉えられたのですね。
いつまでも見ていたい一枚です。

投稿: pochiko | 2018/01/21 23:06

こんばんは
慎重に入日のタイミングを絶妙に計っておられますね、
まったく早すぎず、遅すぎず、数秒のチャンスを、
何秒か息を止めた瞬間がありそうです。

投稿: 大阪のおっちゃん | 2018/01/21 22:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「寒色の朝」 | トップページ | 「十二月の存在 op.2」 »