« 「人と時と風の中へ」 | トップページ | 「只見ヘ到ル」 »

「幽谷の朝」

180523_1


180523_2


-- 白河市大信隈戸字田ノ沢 大信不動滝 --

« 「人と時と風の中へ」 | トップページ | 「只見ヘ到ル」 »

コメント

>>pochikoさん

こんにちは☆

農繁期の大瀑布です。
飛沫がもの凄く、滝の前には立ってられないです。
緑葉の重なりが美しい場所です。
撮影はちょっと手間がかかりました。

投稿: M.H | 2018/05/27 15:25

ご無沙汰しました。

迫力ある滝の流れを
繊細によく捉えてますね。
水しぶきの音が聞こえて来るようです。
濃淡の緑に白い飛沫ステキです。

投稿: pochiko | 2018/05/27 00:14

>>ナルコユリさん

お早う御座います☆

水飛沫で滝の前には立ってられません。
なのでこの位置からの撮影になってしまいます。
フィルターはC-PLとND400を使ってます。
露出は絞りF8、SS1秒、ISO上画像320・下画像400。
これだけの水量になると、SSの違いによる水流の変化がなかなか表現できません。
なので全体の明暗を主に選んだフィルターと露出でした。

投稿: M.H | 2018/05/22 05:35

こんばんは。
滝の水量が豊富で、驚きました。
滝から水が川に流れるこのアングルは、初めて拝見したかもしれません。
新緑が清々しいですね。
このお写真は、PLやNDを使用されているのでしょうか。

投稿: ナルコユリ | 2018/05/21 21:06

>>めぐさん

こんにちは☆

確かこの滝の幅は50mだったかな。
水飛沫で真ん前には立ってられません。
そんな勢いのある流れが伝われば良いのですが‥。

>なにを考えているのでしょう
そうですね、この時は太陽隠れろ、風止め‥と、自然相手にぶつぶつ呟いてました w

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

>>さんままさん

こんにちは☆

白河市から旧大信村を経由し下郷町となると国道294号線 → 国道118号線が一般的でしょうか。
因みにこの滝は県道58号線で”聖ケ岩ふるさとの森”を目指します。
県道58号線も国道118号線に通じますが、ふるさとの森から先が悪路なので私はあまり通りません。

羽鳥湖から放出された灌漑用水です。
なのでこの光景は農繁期だけなんです。
私の場合、撮影の95%以上は三脚使ってます。
でもこれは撮るもの次第というかスナップなら不必要だし、時と場合、そして天候に依りますね。

投稿: M.H | 2018/05/21 14:46

こんにちはsports
清々しく水の流れまできこえてきそうなお写真
いつもですが、素晴らしいです
このようなお写真を撮るとき
M.Hermitageさんはなにを考えているのでしょう

投稿: めぐ | 2018/05/21 12:40

大信を通って、白河から湯野上へ抜けれますよね、
何度も通って居ましたが・見たことが無いので、道路より山に入るのでしょうか?
この水の量・迫力あります驚きます!

いつも写真を拝見して、「三脚は大事だよ~」って、声が聞こえて来る様です。
先日のクマガイソウ・林の中暗いのに、大雨降って居るので手持ち撮影・
画像ブレている写真が沢山あり(がっかり度100% )、
せっかく遠くまで行ったのに・三脚も持参していたのに・って、深く深く反省して居ます。

朝夕の撮影は三脚使用して居ま~す☆って当たり前ですね^^;

投稿: さんまま | 2018/05/21 12:15

>>大阪のおっちゃんさん

お早う御座います☆

天栄村にある羽鳥湖からの放流なんです。
農繁期、下流にある町村の灌漑用水になります。
”Side B”にも書きましたが、これだけの瀑布になるとSSをちょっと変えたくらいじゃ水流にさして変化はないです。
なので全体の明暗を主にSSと使用フィルターを決めました。
陽射しが陰る、風が止んで滝右にある枝のブレが治まるなどのタイミグを見計らって撮りました。

投稿: M.H | 2018/05/21 06:06

こんにちは
水量の迫力に、先ずは驚きました、
雪解けの水量でしょうか。
囂々と、轟く流れに圧倒されます。
緑の明分と、流れの白、このコントラストが迫ってきますね。
素敵なシャッターチャンスをものにされたM.Hさん、真似できませんね。

投稿: 大阪のおっちゃん | 2018/05/20 16:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「人と時と風の中へ」 | トップページ | 「只見ヘ到ル」 »