« 「夢ノ夢」 | トップページ | 「ガタンゴトン」 »

「短夜の囁き」

180624


-- 伊達郡桑折町大字万正寺字内窪 産ヶ沢川ホタル自然公園 --

« 「夢ノ夢」 | トップページ | 「ガタンゴトン」 »

コメント

>>めぐさん

こんにちは☆

旦那さん、デジイチ購入されましたか。
ホタルの撮影はですね、機材の操作から画像合成までカメラの一から十までの知識が必要になると思います。
加えて明るい内に現場に入り、じっと待つという忍耐力も必要です。
かなりの数が飛んでいればちょっと行って撮ることも可能ですが、足繁く通うことが大事です。

投稿: M.H | 2018/07/02 16:10

主人がなにを思ったのか、ホタルを撮りたいとミラーレスカメラ?を買いましたhappy01
ネットで撮り方を勉強していざ実戦・・・・・・・・・・・・
結果は散々でした 笑
こんなにきれいに撮るのって、とてもむすかしいのでしょうかsign02

投稿: めぐ | 2018/07/02 08:46

>>ナルコユリさん

こんばんは★

ホタルは明るい内から構図とピントを合わせておくのがコツかもです。
ピントを合わせた後にMFに切り替えますが、ピントリングが動かないようマスキングテープなどで固定してます。
暗くなってからのピント合わせですが、街灯があれば被写体と凡そ同じ距離でピントを合わせる。
ない場合は懐中電灯を置き、離れてピントを合わせます。
何れにせよ暗くなる前に、合成の基礎となる画像を撮っておくと良いです。
暗くなってからでは水面や葉っぱの色合いが宜しくないです。

”Side B”にも記載しましたが、合成には「比較明合成 SiriusComp」というフリーソフトを使ってます。
操作が簡単で画質も良く、星や花火にも使えます。

http://phaku.net/siriuscomp/

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

>>大阪のおっちゃんさん

お晩です★

今年は少なかったです‥といいながら、週末から暑くなってきたので増えてるかも知れません。
ホタルだけじゃないですが、多い少ないは何らかの周期があるように思います。
数匹でも何とかなります。
実際この画像、10数匹くらいじゃないのかなぁ‥。

投稿: M.H | 2018/06/25 19:58

こんにちは。
葉の繁る草木・水面の輝きとホタル。美しいお写真ですねhappy02
自然がいっぱいな感じに癒されます。
ホタルの動きって面白いですね。
このお写真を見て、私がホタルの撮影に失敗したのは
辺りが暗すぎるのも原因の一つだったのかなと思いました。
なんせ、ピントが全く合わず、シャッターが切れない状態でしたsweat01

投稿: ナルコユリ | 2018/06/24 10:16

こんばんは
舞うホタルの数を選べるなんて、かなり羨ましいです
こちらでは、養殖された幼虫を放流、そんなホタル舞う人工環境
数匹の舞うホタルに歓声を上げております。

投稿: 大阪のおっちゃん | 2018/06/23 20:27

>>福島っ娘さん

お早う御座います☆

「短夜に ロマンス囁く 蛍かな」

ちょっと恥ずかしくなるような五七GO!でした w
今回は吾妻アナからTELがありました。
彼もホタルの撮影を行ったようですが、撮り方を聞かれました。
短い電話内容で伝わったかなぁ‥。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

>>さんままさん

お早う御座います☆

そうなんですよ、私もあまり数が多いのは虫が蠢くような感じであまり好きではないです。
数匹が程よく舞う光景が趣きあって良いです。
個人的なホタルの撮影ですが数が多いときは長露光、少ないときは合成かな。
何れにせよ暗くならない内に元となる画像を撮っておきます。
つまり暗くなってからの立ち位置・構図変更は厄介でもあります。

>こっちの水は甘いぞ
日本のホタル、成虫になってからは飲まず食わず、約10日の繁殖活動を経て命を終えるようです。

投稿: M.H | 2018/06/23 06:29

おひさしぶりでしたhappy01
そしてパチパチパチ、採用おめでとうございます
吾妻さんも仰ってましたが、ホタルの撮影は難しいのでしょうね
ロマンティックな五七GO!でした

投稿: 福島っ娘 | 2018/06/22 20:01

水辺に蛍・自然で良いですね。
今月の写真誌に「余り重ねて乱舞させるより程よい自然がいい~」って評価された作品がありました。
とある所では、合成仕方の様に蛍の乱舞・しかしながら蛍の撮影は毎度失敗が多いです。
だから、来年も行こうと思うのでしょうか???

ほ~ほ~ほ~たる来い~♪

子供の頃・浴衣を着せて貰い、みんなでうちわ持参で蛍取りに行きました。
純粋だから・「あっちの水は苦いぞ~こっちの水は甘いぞ~♪」本当に向うの水は苦いと信じていた少女でした。
今なら最初から疑って仕舞います(笑い)

投稿: さんまま | 2018/06/22 17:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「夢ノ夢」 | トップページ | 「ガタンゴトン」 »