« 「風渡ル」 | トップページ | 「静寂破りて静寂至る」 »

「風は緑色」

180611


-- 大沼郡会津美里町八木沢字七窪 蓋沼森林公園 --

2018/06/13 撮影記

« 「風渡ル」 | トップページ | 「静寂破りて静寂至る」 »

コメント

>>さんままさん

こんにちは☆

いやいや、さんままさんはその行動力といいまだまだですよ。
どちらかいうと私の方が危く、福島のドンファンと云われてます。
あっ、でも資産は全くありません w

若者たちとビーチバレーですか‥。
そういえば若者と話すこともすっかり無くなってしまいました。
昔々年上の人なんて歌がありましたが、今ならば要介護の人だったり‥。
気持ちだけは若いけど、身体が付いて行かない今日この頃。

投稿: M.H | 2018/06/12 16:09

掲示板への添付・有難うございました。

大爆笑させて頂きました。
1行ずつ(笑)・(笑)・(笑)どなたか考えたのでしょうか?(座布団10枚上げても足りないくらい!)
18歳と81才・・・81才に歩み寄って行く年齢です^^;

いや~~~他人事で無い年齢になりました。

若者たちと、「ビーチバレーボール」しています。
水着でなくて、体育館で風船で遊ぶゲームです。

今まで「いつまで来れるか分からない」って、言って居ましたが、
最近は「いつまで生きるか分からない」って、言って居ます^^;トホホ

投稿: さんまま | 2018/06/12 11:14

>>ナルコユリさん

こんばんは★

風は涼しく爽快なのですが、何故か空気は重々しかったです。
この時はまだ梅雨入りしてませんでしたが、湿度は高かったのでしょうね。
只見線は田んぼの中というか、畦道付近を走る箇所が所々にあります。
農作業を行う人々の直ぐ脇や、家々の庭先を通り過ぎる‥そんな感じです。

投稿: M.H | 2018/06/11 20:20

こんばんは。
緑の田んぼの中を走る緑の電車、さわやかですね(^^)
今ようやく気付いたのですが、
列車は田んぼのあぜ道を走っているような印象を受けます。
両側が即田んぼ、私は北陸では見たことのない風景かと思います。

投稿: ナルコユリ | 2018/06/11 19:53

>>さんままさん

こんにちは☆

前回の銀色の水面、その撮り直しだったのですが、時遅しでした。
おまけに風が強く、その割りに空気が重く淀んでます。
結果として解像感の悪い画像となってしまいました。

稲穂が実る頃もまた良く昨秋もupしましたが、今年もまた撮る予定です。
でもそろそろ立ち位置を変えたいけれど、ちょっと難しいというか見つからないです。

投稿: M.H | 2018/06/11 14:18

この前は水の光りが銀の板の様ななって居ましたが、

今回は、故郷は緑なりき~

田植えの済んだ田んぼの緑・季節を表していますね・

今日…明日・この田んぼが秋には黄金色になるのでしょう~

同じ場所なのに。季節がありますね・

会津盆地の緑の夏・しみじみ拝見しました。

投稿: さんまま | 2018/06/11 12:10

>>大阪のおっちゃんさん

お早う御座います☆

鏡面の田んぼを期待したのですが、時既に遅しでした。
撮り鉄の方々にラッピング列車はあまり好評じゃないです。
私も東北色のキハが良いのですが、遠目には緑の大地に緑の車両が合っているような‥。
風が強く、そして淀んだ空気で描写があまり宜しくないです。

投稿: M.H | 2018/06/11 06:43

こんばんは
早苗がすっかり色濃くなりましたね、
今年の豊作を祈りたくなりました。

トコトコ走る緑の只見列車、
季節に合わせた色合い、粋な計らいですね。

投稿: 大阪のおっちゃん | 2018/06/10 19:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「風渡ル」 | トップページ | 「静寂破りて静寂至る」 »