« 「緑 峡」 | トップページ | 「風渡ル」 »

「孤独とは寂しい音だな」

180605


-- 相馬市尾浜字松川 鵜ノ尾岬桟橋 --

« 「緑 峡」 | トップページ | 「風渡ル」 »

コメント

>>ナルコユリさん

お早う御座います☆

AFが利かない状況でした。
こんな時に長露光で撮ると残照を見ることができます。
現像時にその赤味を誇張、手前側の色温度は高いままにしました。
色々と思うところがあり、また撮ってみたいです。

投稿: M.H | 2018/06/05 05:56

こんばんは。
錆の浮いた青味のある小舟・青味を帯びた石と、
夕焼け(?)の薄紅色の対比が美しく良いなあと思いました。
赤みがあるので、小舟が寂しくなりすぎないというか・・・
石があるのが良いですね(^^)

投稿: ナルコユリ | 2018/06/04 22:52

>>大阪のおっちゃんさん

こんにちは☆

前からなぜここにあるのか気になってました。
昼間だったら記録的に撮るのみだったと思います。
タイトルが浮かばず今のところ暫定的なんです。
朽ちる、孤独‥ん~、やっぱ在り来たりですよね。

投稿: M.H | 2018/06/04 16:42

お早うございます
被写体を拾う、これセンスなんですね、
やっぱ沢山拾はないとセンスに磨きがかかりませんね。
この光景に孤独を感じる、センスは様々です。

投稿: 大阪のおっちゃん | 2018/06/04 06:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「緑 峡」 | トップページ | 「風渡ル」 »