« 「あしたぼくはどこかへいきたい op.5」 | トップページ | 「川霧の穏流を渡る鉄の路」 »

「夕 帳」

180714


-- 大沼郡三島町大字早戸字下ノ原 第三只見川橋梁 --

2018/07/14 撮影記

« 「あしたぼくはどこかへいきたい op.5」 | トップページ | 「川霧の穏流を渡る鉄の路」 »

コメント

>>大阪のおっちゃんさん

お早う御座います☆

帰路の途中、普段はあまり立つことの無い場所で山を覆うほどの霧。
待つ間に素晴らしい光景になりましたが、車両通過時はかなり少なくなってしまいました。
でもその直前まではホワイトアウトで何も見えず安堵しました。
この表情の変化が飽きない理由でもあります。

投稿: M.H | 2018/07/09 05:57

こんばんは
川霧に魅せられて、ついつい夕刻まで
そんなM.Hさんの思いが伝わります。
満足な川霧なんて、きっとないと思います、
川霧の奥深い魔力かもしれませんね。

投稿: 大阪のおっちゃん | 2018/07/09 00:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「あしたぼくはどこかへいきたい op.5」 | トップページ | 「川霧の穏流を渡る鉄の路」 »