« 「霧幻峡」 | トップページ | 「一番列車がやって来る」 »

「雨上ル」

180706_1


180706_2


-- 大沼郡金山町大字大栗山字雨沼 霧幻峡 --

« 「霧幻峡」 | トップページ | 「一番列車がやって来る」 »

コメント

>>pochikoさん

こんばんは★

これでもまだまだなんです。
背景の山々や川面が見えなくなると凄いです。
でもそうなると着てるものがビジョビジョです。
霧に追いかけられるって、どんな感じなのだろう
もしや気が付いたら地球の裏側に居たとか‥。

投稿: M.H | 2018/07/08 20:53

ご無沙汰しました。

怖いくらいの霧ですね。
ちょっと先に行くと、真っ白の霧に飲まれてしまいそうです。
私も何年か前に霧に追いかけられたことがありましたが
すぐに追いつかれて…一瞬どこかへ迷い込んで行くような気持ちになった事があり
幻想的というよりも別世界への入り口って感じがしました。

投稿: pochiko | 2018/07/07 22:41

>>山本さん

お早う御座います☆

只見川で釣り等の光景は見たことがないです。
これは観光用の渡し舟です。

投稿: M.H | 2018/07/06 06:33

こんばんは、只見川では仕掛け網などは水中に設置させてはないんですか?
舟は釣り船ですよね?

投稿: 山本 | 2018/07/06 01:39

>>kiriさん

お早う御座います☆

雨沼は地名ですが、 霧幻峡は地域起こしプロジェクトの名称です。
この数年で知名度が上がり、渡し舟に乗る人や撮影する人が多くなりました。
運が良ければ一度でこんな光景に出会えます。
特に夏の朝はその確立が高いです。
私は運が無いのでダメですが w

投稿: M.H | 2018/07/04 06:42

こんばんは。

雨沼霧幻峡、、本当の地名だったんですね。
思わず、ググってしまいました。
なんて素敵なんでしょう。
何度も通わなくては、このような素晴らしい写真は撮れないんでしょうね。


投稿: kiri | 2018/07/03 23:06

>>大阪のおっちゃんさん

こんにちは☆

ご存知の大志集落は上流になりますが、霧は全く出ませんでした。
霧幻峡と云われる早戸駅周辺は川の流れがうねっており、川霧が出易いのかも知れません。
却って雨が強すぎたのか、これでも霧の出方はMAXではありません。
舟は雨に濡れて色濃くなってました。
長年通ってますが、出るぞと予想して行っても空振り‥。
そんなことばかりです w

投稿: M.H | 2018/07/03 10:19

お早うございます
シャッターチャンスは突然やってくるものですね
数時間前は豪雨、雨が上がれば川霧が出る
長年の経験値ですね。
予想どうりに濃い川霧が、真っ白い霧と渡し船の茶色が
画面を引き締めますね、なかなか俗世間では目にすることのできない
すばらしい風景だと思いました。

投稿: 大阪のおっちゃん | 2018/07/03 07:35

>>めぐさん

こんにちは☆

確かに霧で人工物が見えなくなり、時代劇のワンシーンです。
霧の中から出てくるのは・・・・熊かも w

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

>>ナルコユリさん

こんにちは☆

画像の奥が上流で、そちらから霧が流れてきます。
これ以上の景観になることがありますが、そうなると川面や背景の山々も見えなくなります。
撮影時刻が19:00頃、霧と相俟って暗さでAFが効きづらいです。
豪雨は二時間ほど前に止み、小降りの状態です。
その雨が無ければ霧は出なかったと思います。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

>>さんままさん

こんにちは☆

午前中はどうだったのでしょうか。
夕方は会津に大雨竜巻警報が出て豪雨となりました。
そのお陰で霧が出たのですが、大雨警報が出れば渡し舟は取り止めでしょうね。
大志集落の川霧は全く立ちませんでした。

投稿: M.H | 2018/07/02 16:08

いいですねえ、時代劇のワンシーンのようです
霧の中からお侍さんが出てきそうです

投稿: めぐ | 2018/07/02 08:42

おはようございます。
横長画面から、舟から霧が湧きだし、山へ広がっていく様子が、より感じられました。
水面の木々の写り込みの効果もあるのでしょうか。
霧の動きと反対に、静寂を保つ舟。
素晴らしい風景ですねhappy01
大雨の時に現地に到着され、雨が上がるのを待っていらしたのでしょうか。

投稿: ナルコユリ | 2018/07/02 08:25

まさに霧幻峡~本当に素晴らしい瞬間ですね!

雨で星さん夫妻の舟案内もお休みでしたか?
本来なら・この様な時に案内して上げたい風景でしょうね~^^♪

大志集落も行かれましたか?

投稿: さんまま | 2018/07/01 15:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「霧幻峡」 | トップページ | 「一番列車がやって来る」 »