« 「夕 帳」 | トップページ | 「夏 爽」 »

「川霧の穏流を渡る鉄の路」

180713


-- 大沼郡金山町大字水沼字沢西 第四只見川橋梁 --

2018/07/14 撮影記

« 「夕 帳」 | トップページ | 「夏 爽」 »

コメント

>>野付ウシさん

こんばんは★

入院ですか、回復されたのでしょうか?
文面からすると旅行へ行ったとのことなので大丈夫なのかな。
私の撮影は待つことが多いです。
二時間位は平気でその場にいるかな w
でも待ったからといって良いものが撮れる訳ではなく、矢張り運次第です。
撮影のスタイルは各々なので、移動しながらでも良いと思います。

投稿: M.H | 2018/07/11 20:07

こんにちわ。暫くです。
ちょっと入院したり、旅に出たりしていました。
相変わらず独特の世界観が漂っていますね、素晴らしいです。
ただひたすら思い通りの風景になるのを待つ...ことでしょうか。
私は落ち着きがなくて、移動しながらの撮影ばかりです。
「そのうちに・・・」ばかりで身を入れた撮影もできないままです。

投稿: 野付ウシ | 2018/07/11 17:12


お早う御座います☆

三脚を立て待ってると次第に霧が川を覆い始めました。
背景の山々が見えなくなることもあるのですが、今年はどうもそんな光景に出会えません。
もしかすると霧の発生率が例年より悪いのかもです。

投稿: M.H | 2018/07/10 06:12

こんばんは。
すごいですね。霧で川が隠れてしまっている!
この幻想的な景色を独りで心ゆくまで味わえる、
撮影者の醍醐味ですねhappy01

投稿: ナルコユリ | 2018/07/09 21:36

>>大阪のおっちゃんさん

お早う御座います☆

先週の夕刻、同じ立ち位置で撮った画像はボツにしました。
霧の撮影は毎回表情が異なり、常に暫定的になってしまいます。
午後からの上り便ですが、この時は他に撮影する人が何故か皆無。
漂う川霧を一人占めでした。

投稿: M.H | 2018/07/09 05:52

こんばんは
忍者に煙幕を張られたような景観
川面に溜まる川霧、とても面白い演出をしてくれますね
列車を守るように川霧が立つ、
昔から、只見線と川霧は仲が良いのですね。

投稿: 大阪のおっちゃん | 2018/07/08 23:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「夕 帳」 | トップページ | 「夏 爽」 »