« 「一番列車がやって来る」 | トップページ | 「早戸郷」 »

「山の彼方の空遠く」

180709


-- 大沼郡金山町大塩大字田沢 --

« 「一番列車がやって来る」 | トップページ | 「早戸郷」 »

コメント

>>ナルコユリさん

お早う御座います☆

奥の霧がちょっとずつ流れてきます。
その状況も撮ったのですがイマイチでした。
川面を覆うくらいにならないと、中途半端な光景になってしまうようです。
霧の発生共々、秋も訪れたい場所です。

投稿: M.H | 2018/07/10 06:17

こんばんは。
濡れている岩の表情と乾いている(?)岩の存在感が
ぐいぐいと迫ってきます。
川の奥の方は霧が湧いているのでしょうか。
現実ではない別の世界を感じます。

投稿: ナルコユリ | 2018/07/09 21:46

>>大阪のおっちゃんさん

お早う御座います☆

これも只見川です。
場所は会津大塩になりますが、周囲には住宅がなく字名は不明です。
中央部の岩には水が流れいつも塗れてます。
おそらく湧き水だと思いますが、雪解け時は大量でしょう。
只見川は急激に細くなったりと、それこそ昔は水害が多発したようです。
川霧が立ちますが、中途だと却って景観が良くないようです。

投稿: M.H | 2018/07/09 05:42

こんばんは
ここも只見川なんでしょうか、
地図を検索すると、ダムの辺りから川幅が一気に狭くなってます
その辺りの景観なのか、と勝手に想像してます。
真ん中あたり、右側の山から清水が流れ出てるのでしょうか
奥に川霧が迫ってる来るのも見えます
とても不思議な空間に迷い込んだ気もします。

投稿: 大阪のおっちゃん | 2018/07/08 23:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「一番列車がやって来る」 | トップページ | 「早戸郷」 »