« 「袋田瀑布」 | トップページ | 「秋 霖」 »

「じーぜるにゆられて」

180927_2


-- JR只見線428D車内 --

2018/09/24 撮影記

« 「袋田瀑布」 | トップページ | 「秋 霖」 »

コメント

>>さんままさん

こんばんは★

後で見返したら間違って記載してました。
”とうきび”じゃなくて”とうむぎ”でした。
”とうきび”は全国的に云われるようです。

で、”とうむぎ”は栃木県南部。
宮城県、福島県、栃木県、茨城県などは”とうみぎ”とのこと。
私は子供の頃から”とうむぎ”だったけど、実は栃木の南部が家のルーツなんです。
祖父が空襲で祖母の田舎に移り住みました。

投稿: M.H | 2018/09/29 20:44

***とうきび***なつかしい~~~~~!!

私の母親を思い出します。食通なのか・とにかく食べる物を作るのが大好きで、
独り暮らしなのに、いつも、食卓の上には・何かのっていました。
どこもなのかな?余り他人の家覗かない時代に育ったので分かりませんが、

夏に行くよって言うと、トウモロコシ茹でて待って居ました。「とうきび食べな~」って
子供たちがハーモニカの様に横へ横へ食べて居ました。
そうですかぁ・・・とうきびは福島県の方言でしたか^^;

因みに、とうきび変換したら『登記日』って・・なんの記念日やねん~♪


投稿: さんまま | 2018/09/29 18:53

>>さんままさん

こんばんは★

そうでしたか、春にお会いした方でしたか。
そういえば今年はとうもろこし食べてないな‥。
所でとうきびって福島の方言のようですが、初めて知りました。

姫新線、調べてみましたが新旧のキハが走っているようです。
さんままさんが撮った画像は只見線と同じ40型かもです。
只見と小出間、これは本数が無くて上手く往復できるのかな。
というか、新潟方面は未開の地なんです。
なので撮影ポイントも分からず、まずはそこから調べたいような。

二年後の再開通を目指して工事が始ってますが、果たしてどうなんでしょう。
地元の町村の負担が大きく、観光だけではとてもやって行けないと思う人は多数います。

投稿: M.H | 2018/09/27 18:02

M.Hermitageさん只見線の様子をお届けありがとうございます。

>>只見の友達
もしかして春にお会いした方ですか?

そうです当たり~・合って居ます。先月には・とうもろこしとゴウヤ・やわらかいキュウリが届きました。

私の列車は・私もよく分からなかったのですが、「姫新線」らしく、姫路から中国勝山まで行く列車の様です。
昔は新見まで行って居たらしく、姫新線の様です。写しながらここはどこ?でしたので、
備後落合のインター近く古見駅の踏切でした。岡山から来たのかと思いましたが・違っていました。それが津山線らしいです。中国地方・智頭線もあり込み言って居ます。三次ー江津の三江線は廃止になりましたが、
高ーい所に駅のある・天空の駅も廃船の頃に有名になりました。廃線になる半年前には、満員列車で、載りきれないくらい有名になりました。地元の皆さん「これくらい毎日乗ってくれていたら、廃線にならないのに・・・」って
只見ー小出間が気掛かりです・・・(--)
今度は・只見から小出まで体験して見て下さい。列車の音と只見ダム辺りのなが~~~いトンネル・印象に残りますよ(*^-^*)


投稿: さんまま | 2018/09/27 17:31

>>さんままさん

こんばんは★

それがですね、休日だからか帰りの便は結構人が乗りました。
見るからに乗り鉄風の人も多く、盛況でした。
女の子の向かいには母親が座ってます。
柳津~川口の約50分ほどの往復でしたが、とても良かったです。
ただ車内からの風景は写真ではなく、映像が適しているように思いました。

>只見の友達
もしかして春にお会いした方ですか?

投稿: M.H | 2018/09/26 19:20

遂に、ガラガラ感の只見線乗りましたね!

少女は一人で乗って居たのでしょうか?

画像を見て「あらぁ~乗って居る~♪」って直ぐに思いました。

早戸駅辺りですと、線路の高さと川面の高さが近いので・船に乗っている感じですね!

終着駅は始発駅・乗って来た列車でお帰り出来たのですね^^♪

柳津駅もお馴染みですが、いつも、只見の友達が送迎してくれる川口駅が、懐かしかったです。

投稿: さんまま | 2018/09/26 16:57

>>福島っ娘さん

こんにちは☆

初の乗車体験でありました。
本数が少ないうえ、会津若松から乗ってしまうと会津平野を大きく迂回などなど時間がかかります。
なので撮り鉄の視点で最短、且つ景色のよい区間を選択しました。
秋は混むかもですが、乗ってみるとローカル線ならでは風情があります。

投稿: M.H | 2018/09/26 11:01

こんにちは~♪

只見線初乗車パチパチパチ・・・・わたしも乗ってみたい
SIDE Bを拝見し、乗る時間とか駅とか参考になりましたよ
紅葉の季節に実行あるのみかな maple

投稿: 福島っ娘 | 2018/09/26 08:48

>>大阪のおっちゃんさん

お晩です★

只見線初乗車でした。
いつも撮ってる場所を車内から眺める。
エンジンの咆哮や匂いなどなど、全く異なる世界観でした。
でも車内からの光景を写真で撮るのは難しいです。
”Side B”でも書きましたが、それは映像の方が適しているかもです。
一両がエアコン不良で扇風機が回っていました。
暑い日でしたが走り出すと爽快、トンネルは寒いほどでした。

投稿: M.H | 2018/09/26 02:31

こんばんは
ジーゼルカーの響き、車内と、車外では
全く違いますね、
運転士さんのノッチの動きと、
体に響くジーゼルエンジンの響き
どこか運転士さんとの一体感があってワクワクします。
線路のリズムが心地よい、そう、童心に帰ります。
車窓の流れは童女も大人も同じ、
都会のぎゅうぎゅう詰めの車窓にはない安堵感も感じます。

投稿: 大阪のおっちゃん | 2018/09/25 17:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「袋田瀑布」 | トップページ | 「秋 霖」 »