« 「Autumn overture」 | トップページ | 「天地始粛」 »

「黄昏にて」

180908


-- 会津若松市門田町大字飯寺字上川原 大川橋梁 --

2018/09/02 撮影記

« 「Autumn overture」 | トップページ | 「天地始粛」 »

コメント

>>さんままさん

こんばんは★

西若松駅と会津本郷駅間の大川橋梁、只見線では一番長い橋梁です。
鉄橋・橋梁、車両が近付いて来ると独特の共鳴音が聴こえますね。
1974年の秋に蒸気機関車が最後の運転となりましたが、さんままさんの只見線への思い出はなかなか深いですね。
そうそう昔々、会津若松~只見の頃は会津線と云いましたが、1974年に只見~大白川間が開業して只見線となりました。
今は会津線というと会津鉄道を指すので紛らわしいですよね‥。
というか、こんなことを知ってるのは鉄ヲタや古い人間ばかりかも w

撮影したのは17:00頃、冬になれば日暮れが早くもっと焼けた光景が見れるかも知れません。
でも積雪があれば河川敷に降りるのは難しいかもですね。

投稿: M.H | 2018/09/04 20:16

鉄橋と川原の想い出があり・懐かしいです。

西若松を過ぎると鉄橋がありますね・

ゴトン・ゴトン・列車が渡る度に独特の音で通過します。

田舎から町に出る音の様な?
そんなに高さは無いけれど・ひろ~い鉄橋・懐かしいです。
小学校に上がるまで運賃がタダだと言う事で、何度も母親に連れて出て貰って居ました。
子供ながらに会津若松からの駅名を全部言えて、天才?って思われたり(単純)
ばあちゃんが高田参りにお洒落して行き・待ちあわせたり・懐かしい会津線・
トンネル・坂下過ぎたら要注意・窓を締めないと列車の中真っ暗・くさ~い!
石炭カスが目に入って痛かったり・・
鉄橋・只見川をくねくね何個渡るのかな?場所は覚えています。

さすがに夕暮れには、この場所通過では乗ったことが無い様な?気がします。
でも、夕焼けのふるさとは・こんな風に赤く染まって日が暮れて居ました。
やっぱり懐かしい風景です…ゴトンゴトン))))見せて頂きありがとうございます。

投稿: さんまま | 2018/09/04 19:01

>>大阪のおっちゃんさん

おはよう御座います☆

阿賀川は磐越西線の山都駅周辺で只見川と合流、新潟に入ると名称が阿賀野川に変わったような ← ちょっと曖昧 w
只見線の会津坂下駅から会津若松駅間は会津平野を大きく迂回します。
これは当時の政治的といいますか、大人の事情があったようです。
この大川橋梁は会津本郷駅と西若松駅間、会津若松市の郊外から市街地周辺になります。
因みに西若松駅は鶴ヶ城の最寄り駅となり、会津鉄道会津線も乗り入れます。

空は一部に赤味がありましたが、まだ明るい時間帯なので補正しました。
約一~ニ時間後の列車もありますが、今の時期は暗くなってしまうので撤収しました。
解禁になった鮎釣りに大勢の人が釣り糸を垂れてました。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

>>pochikoさん

お早う御座います☆

一昨日の日曜ですが、金山町での撮影後、会津美里の田園地帯や西若松駅~本郷駅周辺をうろついてました。
阿賀川では鮎釣りの人達が沢山いました。
夕方には涼しい風が吹いてきましたが、日中の会津は暑かったです。
とはいえ真夏の暑さとは違いますね。
カラスなのか不明ですが、近付く列車の音に驚いて飛び立ったようです。

台風、東北は今日の夜から明日にかけて近付くようです。
今のところこちらはそんなに暑くないですが、湿度が高くムシムシします。
台風が過ぎるとまた暑くなるのかなぁ‥。

投稿: M.H | 2018/09/04 08:44

お早うございます
空の色づきが素敵です
この川は阿賀川なんですね
川下へとたどると阿賀野川となります
途中、只見川の分岐にも出会います、面白いです。
いつも只見線と只見川を見せていただいてるので
思いがけないです。
いつもの事ながら撮影テリトリーが広いですね。

投稿: 大阪のおっちゃん | 2018/09/04 07:48

飯寺近辺の風景でしたか。
我が家からは、なかなか只見線を見る事はできないです。
せいぜい西若松駅から、コンビニに行った時くらいでしょうか^^;
いつも会津鉄道なので、ちょっと新鮮味です。

暑かった一日が暮れようとしているのでしょうね。
カラス?もねぐらに帰っていくのでしょうか。
まだまだ暑い日は続くようですが
これから来る大型台風が心配です。

投稿: pochiko | 2018/09/04 00:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「Autumn overture」 | トップページ | 「天地始粛」 »