« 「AIZU-KAWAGUCHI St.」 | トップページ | 「幽 響」 »

「森 閑」

190120


-- 河沼郡会津坂下町大字気多宮 塔寺駅 --

2019/01/17 撮影記

« 「AIZU-KAWAGUCHI St.」 | トップページ | 「幽 響」 »

コメント

>>さんままさん

お晩です★

これを撮る前に西会津で味噌ラーメンを食べました。
国道49号線の只見川を過ぎると、雪も降っており景色が一変しました。
9年前、この周辺は大雪で300台が立ち往生。
解消されるのに2日ほどかかったようで、冬はちょっと怖い峠です。

塔寺駅は1971年に荷物取り扱いを廃止、無人駅になりましたが、古い動画を見ると引込み線が駅舎側に存在してました。
そして2002年に新しくなりましたが、構造は変わってません。
駅舎への階段は雪もなく凍っていませんが、広場はかなりの積雪がありました。

投稿: M.H | 2019/01/22 20:21

寒さと雪と・・・懐かしい雪国生活を思い出しました。
そして、思い出したけど、もう、住みたくないっても、思いました。
雪国の人はみんな辛抱人です。この景色を見たら、納得する人が居る事でしょう・・・
サマオクのいい味が出て居る作品ですね(寒いところ・御協力の後は、暖かい食べ物おごりましたか?)

塔寺・私が4年生の時、塔寺のお寺のお坊さんが産休先生に変わり担任になり、面白かったです。
名前は藤田先生で、坊主頭でした(笑い)

車を置いての駅までの坂道(階段かな?)ツルツル滑りませんでしたか?
それなりの準備されてる靴着用かな?

投稿: さんまま | 2019/01/22 15:57

>>福島っ娘さん

こんにちは☆

今朝は薄っすらと積もりましたね。
前々よりロケハンをしていた駅です。
目の前は国道49号線ですが、葉が茂ると鬱蒼とした森になります。
山伝いに熊が出てきても不思議じゃないというか、それが自然というか‥。

投稿: M.H | 2019/01/22 13:13

朝起きたら、銀世界snow
でももうとけました

ほんとドラマや映画のワンシーンを見ているようです
熊注意の駅
山の中なのかなと思いましたが
国道のすぐ近くなんですね

投稿: 福島っ娘 | 2019/01/22 12:25

>>pochikoさん

こんにちは☆

撮影の前後、強く降りましたが積雪自体はそんなでもありません。
そうそうここは塔寺駅です。
なので若松市内と大差ないようです。
でも北向きなので、融けずに積もっているように見えるのかな。
奥会津も矢張り少ないですがこれから二月、果たしてどうなるでしょうか。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

>>めぐさん

こんにちは☆

はぐれ刑事何とかかんとか‥そんなドラマにありそうな。
理解、この日は味噌ラーメンで釣りました w

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

>>大阪のおっちゃんさん

こんにちは☆

立っているのはサマオクです。
モデルを強要しました w
赤い鞄は差し色になってますかね。
積雪はそれ程でもないですが、一時ボタン雪が強く降りました。
手持ち撮影なので待ってる私はびしょ濡れです。

投稿: M.H | 2019/01/21 13:23

凄い雪ですね。
この降り方じゃあっという間に積もってしまうでしょうね。
雪の中の列車のライトと駅に待つ人の赤いカバンがポイントでしょうか。
今年は会津若松市は雪は少ないと思ってましたが
奥会津の方ではかなりの降り方のようですね。

投稿: pochiko | 2019/01/21 00:28

こんばんはhappy01
すばらしい、ドラマのワンシーンのようです
モデルの奥様もご理解があっていいですね

投稿: めぐ | 2019/01/20 23:12

こんばんは
うわ~~、こんな会津の季節に巡り合いたいですね
そして只見線に乗ってみたい
とても旅情を誘われました。
雪の降り具合、列車のライト、赤い鞄を方に掛けた女性?
淡いブルーの傘、
白い雪景色のの中に撮り込んだカラー
全く無駄がありませんね
厳寒の中、心くばりがしっかりなされ
魅入る一枚です。

投稿: 大阪のおっちゃん | 2019/01/18 23:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「AIZU-KAWAGUCHI St.」 | トップページ | 「幽 響」 »