« 「朱く洩れ入る」 | トップページ | 「沈 ム」 »

「寒色の只見川」

190104


-- 大沼郡金山町大字川口字中山 かねやまふれあい広場 --

2019/01/03 撮影記

« 「朱く洩れ入る」 | トップページ | 「沈 ム」 »

コメント

>>さんままさん

お晩です★

雪国の雪は降り方が違うというか、朝の度に足跡が無い綺麗な雪景色です。
女房と畳は新しい方が‥と、いいますが賛成です。
でも腰が悪いので直に座るのは苦手、よって畳は要りません w
三島町や金山町、海外の方が沢山来てますよ。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

>>大阪のおっちゃんさん

こんばんは★

この立ち位置で大志集落と只見線を撮るのは冬だけかもです。
それは線路沿いの葉っぱが落ちて見晴らしが良くなるからです。
夏に川霧に浮かぶ集落を撮りますが、両方のフレーミングは下段に下りて撮ってます。
新緑の頃SLが走ります。
でも本物の鉄氏達が殺気立っているので近寄りません w

投稿: M.H | 2019/01/04 17:53

今の季節だからでしょう…雪が綺麗ですね。

新年・新雪・新しいって言う事は嬉しい~(子供の時に、新しい服を着た様な?)
お盆には新しい下駄を買ってもらい、お祭りにはその下駄に新しい鼻緒・新しい奥さんはダメですよね!(笑)
大志集落に実家のある先輩は、里帰りしているのかなぁ?(私より年上だから・・もう、自宅が実家かな?)

投稿: さんまま | 2019/01/04 17:06

こんにちは
いつもの立ち位置、
冬場の景色はまったく違いますね
その昔は蒸気機関車がもくもくと煙を吐きながら走ってた
大志の集落に汽笛の音色を届けながら
そんな時代に逆戻りしたくなります。

投稿: 大阪のおっちゃん | 2019/01/04 12:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「朱く洩れ入る」 | トップページ | 「沈 ム」 »