« 「沈 ム」 | トップページ | 「枯 寒」 »

「篭 ル」

190108


-- 南会津郡南会津町前沢 前沢曲家集落 --

2019/01/06 撮影記

« 「沈 ム」 | トップページ | 「枯 寒」 »

コメント

>>さんままさん

こんにちは☆

私の子供の頃もこんな建物が沢山ありました。
昔は降雪も多かったし、寒さも違いましたよね。
氷柱などは地面に付きそうなほど長くて太い。
今は氷柱自体をあまり見なくなりました。

投稿: M.H | 2019/01/10 14:10

前沢集落ですか(*^-^*)

わざわざ遠くまでご苦労様です。
この景色は、まさに私の幼いころに見てた冬の生活の場でした。
屋根の雪がどんどん増えて・雪下ろしを、手伝った思い出があります。
すごく懐かしいです。

投稿: さんまま | 2019/01/10 10:17

>>めぐさん

お早う御座います☆

そうです、柳津町出身の版画家です。
作品に雪が積もった会津の情景があるのですが、それが昔からイメージにあります。
”Side B”で書いたように畏れ多くもそれを念頭に撮ってみましたが、気持ちだけが先行しています w

投稿: M.H | 2019/01/10 06:09

SIDEBに書かれている斎藤清さんがわからなくて調べてみました
柳津町出身の版画家なんですね
作品を拝見しM.Hさんのイメージがなんとなくわかりました

投稿: めぐ | 2019/01/09 20:32

>>大阪のおっちゃんさん

こんばんは★

再来週からは只見線が冬時間で運用されます。
いよいよ冬本番といった感じでしょうか。
前沢集落の積雪、まだまだこんなもんじゃありません。
屋根にどっさり積もった様を期待したのですが、早かったです。
昔々はそれこそ篭るといった生活でしたが、そんな生活の知恵を知っておくのは必要ですよね。

投稿: M.H | 2019/01/08 17:20

お早うございます
今の前沢集落、この積雪が日常なんですね
昔っからの寒さと積雪に耐えて来た暮らし
これが会津の姿、
突然こんな環境に投げ出されたらどうしょう
様々な暮らしの知恵があることでしょう。

投稿: 大阪のおっちゃん | 2019/01/08 07:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「沈 ム」 | トップページ | 「枯 寒」 »