« 「哮 ル」 | トップページ | 「そこはかとないけはひ」 »

「北緯37°の立春」

190203_37


-- 宮城県伊具郡丸森町字百合沢 第ニ阿武隈川橋梁 --

2019/02/02 撮影記

« 「哮 ル」 | トップページ | 「そこはかとないけはひ」 »

コメント

>>福島っ娘さん

お早う御座います☆

そうなんですよ、私も丸森線と言ってしまうことがあります。
でも今の若い人には通じない。
阿武隈急行としての全線開通が30年ほど前なので当然か w
私は仕事で保原、梁川に行きますが、まだ乗ったことはないです。
そういえば上保原周辺の景観はだいぶ変わってきました。

投稿: M.H | 2019/02/12 06:04

おひさしぶりでした
あぶきゅう、乗ったことありますよ
福島から保原ですけど快適でした
たしか5回ほど乗りました
昔々丸森線っていってましたよね

投稿: 福島っ娘 | 2019/02/11 18:56

>>pochikoさん

お早う御座います☆

撮影前後、特に後は一気に晴天となりました。
今週末はまた寒くなるようです。
三寒四温は春先に使われる言葉ですが、こちらはまだまだ先になるようです。
所で今冬の積雪量は如何でしょうか?
例年に比べ少ないように思いますが、会津方面は二週ほど行ってないので様子が分かりません。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

さんままさん

お早う御座います☆

阿武隈川は西郷村に端を発し、福島県を縦貫、宮城県の岩沼市に流れます。
十数年に一度氾濫することがありましたが、最近は起こっていないようです。
流れが北に向うのでイメージし辛いかもですが、只見川も北に向ってますよね。
県北の伊達市や国見町は奥州合戦の最前線となった地帯です。
その戦功により鎌倉幕府から伊達の地を与えられたのが伊達氏です。
奥州合戦や源義経、そして弁慶にまつわる言い伝えや史跡があり、歴史的にも興味深い地域です。

投稿: M.H | 2019/02/07 05:21

真冬風景ですけど
どこかしらに春は潜んでいるのかもって
一生懸命に探しましたが
どこにも見当たらなかったです。
東北の冬はまだ本番中ですもんね。
それでもここんとこ一日おきくらいに暖かい日がありますね。
三寒四温…四寒三温ってとこかもしれません。

投稿: pochiko | 2019/02/06 01:00

宮城県柴田郡の槻木駅☆検索してみました。

阿武隈川ですね・
仙台空港に近い方様で・・・
随分前に西郷村が・川が氾濫して・取材の皆さんが・福島とか?ん・ん・ん?阿武隈川を・地図で見ますと・上に向かって流れて行きますね・
変わった川の流れただ思いました。那須の方から宮城県に向かって居るんですよね・・感覚が違って仕舞う川の流れです。家の姉さん宅は床下浸水で・車が1台ダメになった様でした。何年前でしょうね・・・?

投稿: さんまま | 2019/02/05 19:01

>>大阪のおっちゃんさん

お早う御座います☆

県北は仕事で行くのですが、宮城県の丸森町経由で相馬に向かう際など年に何度か通ります。
撮影は始めてですが、この橋梁は前々より立ち位置を把握していました。
只見線と異なり本数が多く、速度は早いです。
機会があれば撮影場所を開拓したいですが、景観は只見線の方が良いかも知れません。
悪天候に北緯○°の立春と撮影時に閃きました。
○°の○は後に調べました。

投稿: M.H | 2019/02/05 05:41

こんばんは
突然撮影地が北上、阿武隈川、阿武隈急行線の鉄撮り
テリトリーが広いですね。
この川沿いの撮影は、結構されてるのですか
只見川とは趣もちがうのでしょうね。
タイトル北緯37°の立春、なかなか思いつきません。

投稿: 大阪のおっちゃん | 2019/02/04 23:00

>>さんままさん

お晩です★

福島駅と宮城県柴田郡の槻木駅を結ぶあぶくま急行です。
阿武隈川沿いに線路があり、紅葉時は綺麗です。
この画像の前後は晴れてましたが、ゲリラ豪雨ならぬゲリラ風雪でした。
併し晴れた時の画像は面白くなく、雪景色をupしました。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

>>めぐさん

こんばんは★

夜明け時の東の空は赤く染まっていたのですが‥。
カメラに向かって吹く風雪、身体も機材もびしょ濡れでした。
特にレンズに雪が着いてグダグダ w
北緯37度とはあぶくま急行の丸森駅のことなんです。
画像の右、凡そ1.2km先です。

投稿: M.H | 2019/02/04 17:14

あれっ・列車が違う?って、思ったら、宮城県でしたね・

雪しんしん・・・福島県も宮城県も雪国を走る列車は・冬にはキビシイですね・
でも・・・絵になり過ぎるくらいの、降る雪の中を走る列車がイイですね・
(生活している人には申し訳ないですが・・)

投稿: さんまま | 2019/02/04 11:53

春とは名ばかりの・・・・
引きこまれる一枚です
雪の中での撮影、M.Hさんの大変さがわかります
北緯37度とはどこでしょうか

投稿: めぐ | 2019/02/03 15:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「哮 ル」 | トップページ | 「そこはかとないけはひ」 »