« 「北緯37°の立春」 | トップページ | 「海鳴りが聴こえる op.2」 »

「そこはかとないけはひ」

190213


-- 東茨城郡茨城町大字上石崎 涸沼 --

2019/02/10 撮影記

« 「北緯37°の立春」 | トップページ | 「海鳴りが聴こえる op.2」 »

コメント

>>さんままさん

こんにちは☆

この画像、鳥が止まったので急遽レンズを換えて撮りました。
水面の輝きなどは立ち位置を調整しました。
この鳥は何でしょうか、私は全く分かりません。
涸沼は多くの野鳥がいるそうです。
野鳥撮影の方々は一旦休憩に行きました。
ちょっと前はカメラが沢山並んでいましたよ。

投稿: M.H | 2019/02/13 15:05

珍しく冬景色から金色の暮色へ・干してある物に光が透過して効いていますね!
計算済みでしょうか?鳥も居てくれて良かったですね。
鳥の羽根にふさふさが付いて見えますから、カラスでは無い様ですね。

ブログ拝見しましたが、冬の野鳥撮影のカメラマンのレンズの大きさビックリしました。
スゴイですね!

投稿: さんまま | 2019/02/13 11:09

>>めぐさん

お早う御座います☆

先週末の雪、私の所は2cmほででしたが、南下するに連れ多かったです。
茨城は日陰がアイスバーン状態になってました。
暫しじっと動かず気配さえ忘れる、そんな時間がゆっくり流れてます。

投稿: M.H | 2019/02/13 06:06

こんにちはsun
晴れてますが寒いです
福島は雪が降ってるのでしょうか
「そこはかとないけはひ」
鳥は何を考えているのしょう、静かな時間が流れているようです

投稿: めぐ | 2019/02/12 09:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「北緯37°の立春」 | トップページ | 「海鳴りが聴こえる op.2」 »