« 「うらぶれた秋の漁港にて」 | トップページ | 「秋になる朝」 »

「とある日曜の昼下がり」

181024


-- 大沼郡会津美里町立石田下石田 新鶴駅 --

2018/10/21 撮影記

« 「うらぶれた秋の漁港にて」 | トップページ | 「秋になる朝」 »

コメント

>>大阪のおっちゃんさん

こんばんは★

今回も新鶴駅にて待機してました。
本当は上り車両を撮りたいのですが、なかなか上手く行きません。
土日は人がおらず、この日はたまたま駅前にいた地元の女性にモデルを頼みました。
風景として撮る只見線も良いですが、列車に乗るもの動かすのも人。
人との接点を捉えたいなぁ‥と、思う今日この頃です。

投稿: M.H | 2018/10/23 17:32

お早うようございます
先日のお写真と、同じ新鶴駅ですね
今日のお写真は、ホームを少し入れた構図
前回は、ホーム上から踏み切り方面を撮ったお写真
今回は、やっとホームが分かりましたが
それでも、道路の延長なのか、無人駅らしいことが理解出来ました。
ローカルな、雰囲気が理解できて、なんだか、ホッコリしました。

投稿: 大阪のおっちゃん | 2018/10/23 07:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「うらぶれた秋の漁港にて」 | トップページ | 「秋になる朝」 »