« 「深 秋」 | トップページ | 「朔風払葉」 »

「冬への色彩」

191127-1_20191126135301


191127-2

-- 河沼郡柳津町大字細八字家ノ下甲 422D & 423D --

2019/11/24 撮影記

« 「深 秋」 | トップページ | 「朔風払葉」 »

コメント

>>さんままさん

こんばんは★

一枚目は上りの始発便です。
周囲は暗さが残り車内の照明が明るいです。
柳津町唯一のコンビニ、国道252号線沿いのファミマ周辺は線路近くに柿の木が幾つかあります。
今回は柿の木と只見線に絞って撮影しました。
秋に撮ったソバ畑はもうちょい左側になります。
夜の列車撮りは難しいでしょ。
最初からブレブレになることが分かるので私は遠慮します。
つまり挑戦もしない私の方が未熟者であります w

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

>>純さん

お晩です★

地域といいますか、地方によって季節感は異なりますよね。
こちらでは桜と水を張った田んぼを見ることは出来ません。
因みに雪が降っても残っている柿もあります。

投稿: M.H | 2019/11/26 20:37

テールランプというのですか?列車の明かりが・時間を示している様な気がします。
薄暗さ・余りかく無い時もなかなか良いですね・今回は残り柿狙いでしょうか?
今年は柿豊作らしくて、まだ残り・・って感じで無いですね・^^♪
あと、蕎麦畑の場所でしょうか?前に白い絨毯を見て居るせいか?淋しいですね・・・

夏・蛍撮影の時に、知人のサーチライトで、列車を止めて写すようにセットしましたが、
列車が流れて仕舞った(^^;)レリーズに力が入って仕舞ったのかな?
列車が来るまで何度も練習したのですが・・・流れて・・・ブレたり光の線になったり・・
要は、私は下手くその未熟者なのですねぇ・・(--)

投稿: さんまま | 2019/11/26 18:42

柿の生る木と気動車、季節感があって素敵ですね。
九州でもこういうシチュエーションで撮れないかと
思うのですが、いまだに出会えていません。(;'∀')

投稿: 純 | 2019/11/25 19:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「深 秋」 | トップページ | 「朔風払葉」 »