« 「冬への色彩」 | トップページ | 「朝凪ノ刻」 »

「朔風払葉」

191126

-- 河沼郡柳津町大字柳津字上村甲 銀山川橋梁 425D --

2019/11/24 撮影記

« 「冬への色彩」 | トップページ | 「朝凪ノ刻」 »

コメント

>>さんままさん

お早う御座います☆

あの辺りは山に囲まれ、天候が悪いと暗いかも知れません。
車窓からは屋根が真下ですね。
桜と只見線を撮るには墓地の中を歩くようになります。
がカメラマンが大勢歩くので墓地が荒れるなどなど、寺側は迷惑のようです。
なので今年は行きませんでした。

因みに私は神童と言われてましたよ w

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

>>イッペイさん

お早う御座います☆

文面から推察しググってみました。
北海道は一部を除き柿がないのですね。
おそらく寒いからだと思いますが、初めて知りました。
そういえば彼岸花も宮城あたりが北限でしょうか。

投稿: M.H | 2019/11/28 05:47

こんばんは~リコメのリコメ・再登場(^^)/です。

>もしかして下荒町甲の月光寺ですか・
そうだと思います。鉄橋から見ると、意外と暗い場所で、シルエット状態ですが、
屋根の立派さがその様です。本当に車窓から真下に見えます。

むか~~~し・母に連れられて・このお寺に行った事があります。
多分1回しか行った事の無いお寺さんです、母方のおじいちゃんの宗派がそこだったのかな?
何故覚えて居るのかも知りませんが・お茶とお菓子が出て、嬉しかったのと、
足が痺れたのを覚えて居ます。学校入学前で、列車から見るとそのお寺が見えるので、
ずっと覚えているのです(昔は賢い子供だったのでしょうね…(笑)今は?「あの賢い子はどこへ行った?」です!)

投稿: さんまま | 2019/11/27 17:34

柿の木のある風景 私には懐かしい光景です
現役の頃 四国へ出張したときに葉の落ちてしまった木に
柿がいっぱいついているのを見てびっくりしたのを思い出します
北国の私にはいつ見ても新鮮な光景です

投稿: イッペイ | 2019/11/27 09:18

>>さんままさん

こんばんは★

此処を撮る人はそういないかも。
というか、ネット上でもあまり見掛けないです。

>真下にお寺さん
もしかして下荒町甲の月光寺でしょうか。
昨年さんままさんにコメント頂きましたが、↓にURL貼っておきます。

https://d300s.cocolog-nifty.com/blog/2018/04/post-005f.html

http://d3x.muragon.com/entry/578.html

昔と違って柿を採って干したりたる抜きしたり、そういったことをする家は極僅かになったようです。
手間を考えると買って食べた方が安いのか、米作も同じかもです。

時折り隣で列車を撮る方の設定などを覗き込んでます。
その多くがSS優先で撮っているように思います。
私は完全にマニュアル露出なので、通過間際まで空模様を見ながら設定を変えてます。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

>>なでしこさん

お晩です★

良くも悪くも日本の原風景といいますか田舎です。
でも何故かそんな光景に惹かれたり、安らいだり‥。
日本人のDNAですね w

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

>>LimeGreenさん

こんばんは★

構図、そして逆光に手間取りました。
薄曇りの青空ならもっと映えたかもです。
天候と自然現象、そして列車の通過タイミング‥なかなか思うようになりません w

投稿: M.H | 2019/11/26 20:51

列車狙い・お疲れ様です。ここも撮り鉄さんがいましたか?
柳津は駅を過ぎると三島町寄りは高い鉄橋になっていますね(*^-^*)
真下にお寺さんが見える場所がありますね・
立てかけた枝?木が、なんか昔見た様な組木です。
もうそろそろ、冬支度でしょうか?
それにしても、どっさりに近い豊作柿・誰も取らないのかな?
今年、干し柿を2回作った私・柿の木を見ると・甘柿?渋柿?気になります。


列車撮影の失敗を記しましたが、
撮影ブログのカメラ設定など、時々参考にさせて頂いています。、
でも、列車を写す事が無いので、直ぐに忘れる得意技を持っています(苦笑)

投稿: さんまま | 2019/11/26 18:53

柿がたわわに実ってる晩秋の景色その中を走る列車
なんとも良い風景ですね~
懐かしくて気持ちがほっとする写真ですね

投稿: なでしこ | 2019/11/26 09:53

これって、列車が風景にしっくりとけこんでる感じがします。
なんだかとっても気持ちよいですね。

動画も拝見しましたよ~。

投稿: LimeGreen | 2019/11/25 20:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「冬への色彩」 | トップページ | 「朝凪ノ刻」 »