« 「青くて寒くて遠い空」 | トップページ | 「厳朝ノ鉄路ヲ軋ム」 »

「驟雪ヲ行ク」

200213

-- 大沼郡金山町大字水沼字高倉 細越橋梁 423D --

2020/02/09 撮影記

« 「青くて寒くて遠い空」 | トップページ | 「厳朝ノ鉄路ヲ軋ム」 »

コメント

>>さんままさん

お晩です★

さんままさんと私が思う場所が全く違ってましたね。
郡山と猪苗代の間とのことなので国道49号線かと思ってました。
猪苗代第一・二発電所は河東町ですね。
近くにはカメラ・レンズメーカーのシグマの工場があります。
確かに東京駅を彷彿させる建物ですよね。

投稿: M.H | 2020/02/14 20:51

こんにちは~またまた登場・

知人に前に教えて頂いた発電所を調べて見ましたら、

猪(稲)苗代第2発電所と、ありました。
検索・・・
大正7年(1917年)に運用開始となった水力発電所で、猪苗代第一発電所と同様、ここからの送電によって、当時の日本の中心を支えていた。 赤レンガの外壁が特徴的で、建物は東京駅を設計した辰野金吾博士が当初に監修しています。

今もある様です。確かに東京駅を思わせる発電所です。

投稿: さんまま | 2020/02/14 11:44

>>さんままさん

こんにちは☆

もしやその発電所とは中山宿駅から国道を挟んだ竹ノ内発電所でしょうか。
春になると桜が咲き、遠目からでも綺麗に見えます。
この架道橋と並走する国道252号線、下り側はシンフォニーロードですよね。

投稿: M.H | 2020/02/12 16:39

この場所はいつ見てもレトロなイメージですね!

郡山と猪苗代の間に、東京駅の設計した方が、設計した発電所があるのはご存知でしょうか?
東京駅と・福島・そう思うと。東京駅に親しみを感じました。

この場所も、なんだかどこかに似ている様な場所ですね!
田舎にしてはちょっとお洒落です。

投稿: さんまま | 2020/02/11 18:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「青くて寒くて遠い空」 | トップページ | 「厳朝ノ鉄路ヲ軋ム」 »