« 「北緯37度28分の立春」 | トップページ | 「青くて寒くて遠い空」 »

「呼子笛は闇に紛る」

200211

-- 大沼郡三島町大字早戸字小沢巻 早戸駅 422D --

2020/02/09 撮影記

« 「北緯37度28分の立春」 | トップページ | 「青くて寒くて遠い空」 »

コメント

>>さんままさん

こんにちは☆

いえいえ、根性などはからきし無い私でありますが、この時間に居れば撮れる内容です。
雪が降るとおそらく無人駅では除雪の方が来るのでしょうね。
これ位の雪だから良いですが、除雪機とはいえ数十cmとかになれば大変だろうなぁ‥。
この始発便、会津川口から乗ったのでしょうか乗客は一人でした。
まるで映画を見てるように映像が流れて行きました。

投稿: M.H | 2020/02/12 16:26

スゴイですね!根性が無いと写せない写真ですね!

列車の時間待ちも。寒さも根気の要る撮影でしたね。
昔・母親が最終列車で帰って来るのを・大雪で道が消えて仕舞うので雪踏みして・待って居て上げた事を思い出しました。この駅は・除雪の方が居られるのですね・・・重労働ですね。
何人乗るかもわからない少ない乗客の為に・ご苦労様です。
そして、この寒い暗い時間の撮影も、ご苦労様です。

投稿: さんまま | 2020/02/11 18:19

>>LimeGreenさん

こんにちは☆

もっと積雪があれば良かったのですが‥。
乗降客はいないのに身を乗り出しホームを確認する車掌さん。
そして朝早くから除雪する方、ほんとお疲れ様です。

投稿: M.H | 2020/02/11 15:57

人の息遣いまでが伝わるようなお写真ですね。すばらしい。

投稿: LimeGreen | 2020/02/10 21:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「北緯37度28分の立春」 | トップページ | 「青くて寒くて遠い空」 »