« 「青梅雨木立ち」 | トップページ | 「梅雨晴間」 »

「いぢらしく思はせる何かある」

200628

-- 二本松市太田字西田 高林寺 --

2020/06/26 撮影記

« 「青梅雨木立ち」 | トップページ | 「梅雨晴間」 »

コメント

>>LimeGreenさん

こんにちは☆

そうなんです、昔はもっと高台だったというか、道路がかさ上げされたようです。
実は私も紫陽花はジメジメした憂鬱さを感じ、あまり好きではないです。
が、行けば紫陽花よりこの地蔵を撮ることが多いです。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

>>さんままさん

こんにちは☆

写真の先生ですか、私の先生は誰だろう‥おそらくネット情報だな。

>熱心なあまり周りが見えなくなり・・

打ち込めるものがあるとそうなるようですね。
それが良いのか否かは分かりませんが、私はよそ見ばかりかな。
言い換えると何もかも中途半端でいい加減です。
なので何時でも足を洗える状態 w

投稿: M.H | 2020/06/28 11:51

お母様の同級生の方のお寺とは。
なんだかあったかい気持ちさえしてくるような、そんなお写真ですね。

紫陽花はそんなに大好きってわけでもないですが、あんまりこんもり元気よく写っているよりも、これぐらいちょっと暗めのトーンのほうがいいなと感じました。

おじぞうさまも苔むしてるほうが好きだったりします。

投稿: LimeGreen | 2020/06/26 22:14

手を合わせる姿・今日は、写真の先生の葬儀でしたので、この姿に師の冥福を祈る思いです。

私が写真を始めるきっかけを作ってくれた恩人です。撮影の思い。お世話になり、今、写真を事を思い出、
熱心なあまり周りが見えなくなり・・高齢なのか?性格なのか?
周りを困らせたまま・・・介護施設に入居して約10年、天に召されました。

写真熱は熱く、指導して頂いたのは、80歳の頃でしたが、、毎日バイクで山の上から夕陽を撮影へ
早朝の朝陽も、お祭りもイベント・風景などなど・・よく出かけました。私たちにはまねのできない写真への情熱が凄かったです・娘さんたちのあいさつ文の、写真に生きたお父さんへ「写真たくさん楽しみましたね」と、ありました。3つの公民館で教室を持ち、合同写真展を始めました。今年は、残念な事に、コロナで中止でしたが、いまだに生徒の皆さんで「合同展」を受け継がれています。

昨夜の通夜では、安らかな眠りについた先生に「ありがとうございました。」と、お礼を言ってお別れしました。
今日は葬儀・・奥さんの待つ天に昇りました。このお地蔵さんと手を合わせた姿が重なりました。

投稿: さんまま | 2020/06/26 18:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「青梅雨木立ち」 | トップページ | 「梅雨晴間」 »