« 「なつぞら」 | トップページ | 「とある水無月の朝」 »

「新夏薫ル」

200610

-- 大沼郡金山町大字中川字荻付 423D --

2020/06/07 撮影記

« 「なつぞら」 | トップページ | 「とある水無月の朝」 »

コメント

>>さんままさん

お晩です★

写り込みのある田んぼ、他より田植えの時期が遅かったのでしょう。
生育が遅く、それで写っていると思います。
最近は昼前に帰らなくちゃならず、外食の機会が減ってます。

只見のゼンマイ、昔はこれで一年分の生計を賄えたようですね。
三年もやると家が建ったとか。
半面山は荒れ、その頃ダムの工事が始まったようです。
と同時に会津川口以降の只見線の歴史も始まりました。
一か月前、太郎布高原のワラビは終わりに近かったですが、只見もほ同じでしょうね。

投稿: M.H | 2020/06/10 21:05

列車の映り込み、想定内に入りましたね\(^o^)/
水田がまだ水を張っているだけで、田植えしていないのもOKですね。
きっと、細かいところにも想定内の場所探して・・・う~ん・真似が出来ません。
努力を惜しまない1枚・お疲れ様です。帰り道は、ラーメンでしょうか?

間もなく奥只見からゼンマイが届くかな?
毎年、東京に出すとよい値段なのに、無理を言って、こちらにお願いm(__)m安く購入しています。
お陰様で、毎年、こごみ・わらび・ぜんまいふるさとの味・島に来ても食べています(感謝)

投稿: さんまま | 2020/06/10 17:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「なつぞら」 | トップページ | 「とある水無月の朝」 »