« 「いぢらしく思はせる何かある」 | トップページ | 「静 流」 »

「梅雨晴間」

200629-1

-- 大沼郡三島町大字名入字上居平 第二只見川橋梁 424D --

2020/06/27 撮影記

« 「いぢらしく思はせる何かある」 | トップページ | 「静 流」 »

コメント

>>さんままさん

こんにちは☆

今も橋梁に保線用のスペースはありますが、当然入ってはいけません。
車両の形ですが、どうしても違いますよね。
一番気になるのが天井部の大きなエアコン機器?、これが目立ちます。

稲はこれから伸び、只見線とのコラボは夏の奥会津そのものの景観になるでしょう。

投稿: M.H | 2020/07/02 09:09

「いぢらしく思はせる何かある」
良い場所に花を添えての紫陽花がありましたね(^^)
1本の木も良いですが・場所選びなかなか大変でしょう~

それにしても、この鉄橋・・・未だに怖いと思う私です(^^;
木の歩道が、穴が開いていて・・下の只見川が見えたのですよ~(;_:)
今は鉄道の横も鉄橋にも、入れないのでしょうね・

投稿: さんまま | 2020/07/01 18:04

稲の大きさがよく分かりますね・

この角度でしたら、黄色いドアーが分からないので、前の車両かと?思えたりして・・
列車の新しい時代・乗客がたくさん乗ることを願って居ます。

投稿: さんまま | 2020/07/01 17:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「いぢらしく思はせる何かある」 | トップページ | 「静 流」 »