« 「薫風の畔」 | トップページ | 「青梅雨木立ち」 »

「静寂一献」

200618-1


200618-2

-- 大沼郡金山町大字大栗山字雨沼 霧幻峡 --

2020/06/14 撮影記

« 「薫風の畔」 | トップページ | 「青梅雨木立ち」 »

コメント

>>さんままさん

こんにちは☆

そうなんです、只見川全てに川霧が立つ訳ではないです。
その中でもこの霧幻峡周辺は立ち易いです。
おそらく温度や湿度、そして川の流れ具合などの条件が関わって来るのでしょう。
なので早朝から行ったり来たりして川霧の状態を確認、撮影場所を決めます。
これからは温度も湿度も高くなることが多くなり、立つ機会が増えると思います。
同時にその様に一喜一憂、上手く撮れれば良いのですが‥、
舟の数、さんままさんの仰る通り多いと観光‥と、いう図式が成り立ってしまいますね。

投稿: M.H | 2020/06/17 15:59

追伸・

夢幻峡に文字どり霧が立ち・・・夢幻の世界ですね☺(*^^*)
ブログでのお言葉、確かに、船の三隻は、多すぎるような?気がしますね。
前に拝見した。一隻は風情があって、良かったです。誰か?川向こうの畑にでも行くのかな?って、想像の世界がひろがりますが・・・
数が多いと、やはり営業ですか?って^^;そんな、想像して仕舞う私が居ます(笑い)

投稿: さんまま | 2020/06/17 11:24

ブログを拝見しましたら、この場所に川霧が出ても、大志集落の場所には出ていない・・・
そんなものなのでしょうか。想像すると、只見川ず~~~っと、どこまでも川霧が出るものだと思いました。
あちらに行ったり戻ったりと、いろいろご苦労されて居られますね。
会津の風景四季折々・お陰様で楽しませて頂いています。

投稿: さんまま | 2020/06/17 11:16

>>LimeGreenさん

こんにちは☆

お褒め頂きありがとう御座います。
とはいえ霧が出れば何方でも撮れます。
でも舟に保安設備やスクリューが設置されていない状態、今では珍しい画像かも知れません。

投稿: M.H | 2020/06/16 16:11

七転び八起きって感じの会心のショッツですね!
どちらも素晴らしいです!

投稿: LimeGreen | 2020/06/15 19:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「薫風の畔」 | トップページ | 「青梅雨木立ち」 »