« 「静夏尽く」 | トップページ | 「私雨の景」 »

「静 瞰」

200723

-- 大沼郡金山町大字水沼字沢東 第四只見川橋梁 424D --

2020/07/19 撮影記

« 「静夏尽く」 | トップページ | 「私雨の景」 »

コメント

>>さんままさん

こんばんは★

風景写真であればそう面倒じゃないですが、鉄は通過の際の景観がものを言います。
始発便の時間帯はいませんでしたが、二便目には集まってました。
霧幻峡の川霧と小舟、川霧の状況に寄りますが距離があれば見えなくなります。
川巾の中間辺りなら何とか見えます。
営業は始まったようですが、動いてるところを私はまだ見てないです。

投稿: M.H | 2020/07/21 20:39

列車の通過の時と、川霧のタイミング難しそうですね・

ブログで、水色の橋の上にも撮り鉄の皆さんが居られますが、
どの場所撮影かも悩まれている様ですね(痩せて仕舞いますよ!)
・早戸の川霧の時は夢幻狭の小舟は見えなくなって仕舞いますか?
あの渡し船と川霧も風流で好きです。(営業はまだしていませんか?)

投稿: さんまま | 2020/07/21 16:32

>>LimeGreenさん

こんにちは☆

川面を生き物のように這う、これが求める川霧なんです。
橋梁の手前側にもあれば良かったのですが、+鉄となるとなかなか思ったように行かないものです。

投稿: M.H | 2020/07/21 11:20

川の水面に霧が這うようにでていて、これはこれで素敵だと思いました。

投稿: LimeGreen | 2020/07/20 23:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「静夏尽く」 | トップページ | 「私雨の景」 »