« 「色淡き朝は夢む」 | トップページ | 「川霧の穏流を渡る鉄の路」 »

「夏の朝の静かには」

200714

-- 大沼郡金山町大字川口字金洗道下 会津川口駅 422D & 424D --

2020/07/12 撮影記

« 「色淡き朝は夢む」 | トップページ | 「川霧の穏流を渡る鉄の路」 »

コメント

>>さんままさん

こんにちは☆

始発の頃は寒いくらいですが、次第に蒸してきます。
午前中最後の下り便が着く頃は汗が流れます。
いつも書いてますが冬は寒く夏は暑い奥会津、暮らしは大変そうです。
再開通は来年でしたっけ?
錆びたレールもやがて輝きだすでしょう。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

>>LimeGreenさん

こんにちは☆

時々モノクロで撮影、ないし加工することがあります。
モノクロを選択するのは色数が多い、色調が宜しくないなどです。
後々コントラストや明暗の補正が必要ですが、雰囲気がいいですよね。

投稿: M.H | 2020/07/15 11:30

蒸し暑い奥会津の霧の朝・時間が早いと肌寒いくらいでしょうか?

ここから列車が走らないのは、寂しいですね・・・
列車に乗るときに、線路と只見川との高さがあまり差がない場所ですが、
道路側からはこんな感じに高さが出るのです。
いつも、車に乗せて貰っているのですが、見ようとしないと新鮮な場所に見えます。

投稿: さんまま | 2020/07/14 15:32

白黒、ちょっと珍しいですね。あちらのブログでおっしゃっているように、主題がはっきりしてとてもかっこいいと思いました。

投稿: LimeGreen | 2020/07/13 21:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「色淡き朝は夢む」 | トップページ | 「川霧の穏流を渡る鉄の路」 »